【鶴舞】「鶴舞公園」は今年も桜が咲き始めて沢山の花見客で賑わってます!

さぁ 春本番で お花見シーズンでもありますね。

この2018年も 日本の春の代名詞である「桜」の花が全国各地で咲き 今年もお花見を楽しまれる方もたくさんいらっしゃるのではないかと思いますが 私が住む名古屋市にある公園「鶴舞公園」でも 毎年 桜のシーズンになると綺麗な桜の花が咲き たくさんの花見客で賑わっていますが 今年も桜の花が綺麗に咲き始め それと同時に早速と たくさんの花見客で賑わっていました。私も綺麗な桜の花が咲き始めてたくさんの花見客で賑わっている「鶴舞公園」へ訪れて 園内に咲いている桜の花を堪能しながら歩いてきました。


「鶴舞公園」は 明治42年(1909年)に名古屋市で1番最初に設置し110年近く経つ公園で 国の登録記念物に登録され 1990年3月に「さくら名所100選の地」に指定されています。


公園内には 桜の色と花びらを背景にし「鶴舞公園花まつり」と書かれた幟が立っていました。


JR・地下鉄鶴舞駅からの正面広場側から公園内に入ると 早速 花見を楽しまれている方々で賑わっています。


正面広場から噴水塔の間には綺麗に咲いた桜の花が立ち並んだ桜林がありますが その桜林の中ではご覧の通り ブルーシートを敷いて 綺麗な桜の花を堪能しながら マッタリされている方 お酒や食べ物などを口にされている方がたくさんいらっしゃいました。


現在 建て直し工事が進んでいる名古屋市公会堂東側にも綺麗に咲く桜の花が立ち並ぶ桜林があります。

こちらの桜林の中でもご覧の通り 敷物を敷いて堪能されている方がたくさんいらっしゃいました。

桜林と奏楽堂の間にある花壇からも敷物を敷いて桜の花を堪能されている方がたくさんいらっしゃいました。

私が訪れた時はまだ完全に咲いた状態でありませんでしたが 胡蝶ヶ池前や竜ヶ池付近にもご覧のように桜の花が咲いています。

紫陽花の散歩道や鶴舞小学校・八幡山古墳辺りにも桜の花が。

夜の時間帯にも軽く訪れたのですが 黄色いライトアップをした噴水塔前にも咲き始めの桜が立っていたり 桜林の中は桜らしさのライトアップがされていました。

花見の時期の「鶴舞公園」は正面広場から繋がる桜林辺りや噴水塔前にはいろんなグルメを味わうことができる出店もたくさん立ち並び たくさんの花見客で賑わっていましたました。

さらに正面広場と噴水塔のあいどには「サッポロビール浩養園」の特設ビヤガーデンがあり 単品メニューに加え120分4500円(税込)で食べ飲み放題も楽しめます。画像はオープン前のものですが お昼12時ぐらいの時点では 日曜日の晴天とあって 3分の2以上 席が埋まっていました。

桜の花見の時期に限らず 花まつり開催期間中はいろいろなイベントも行われるのですが 正面広場ではマジックショーが行われていました。

あとそれから 日中の花見の時期とあって JR鶴舞駅アスティとしてあるキヨスクのコンビニ「ベルマートキヨスク鶴舞」やカレーパンの美味しいベーカリーショップ「ピカソ」もたくさんのお客で賑わっていました。また ベルマートでは特設販売コーナーも設置してありました。

最後にJR鶴舞駅公園口西側に立ち並んでいる桜の模様になりますが 名古屋駅からであればJR中央線で2駅目で7〜8分程で「鶴舞公園」に到着する便利な場所にあります。

今年の花見は是非 さくら名所100選の地に指定された「鶴舞公園」にいらして 綺麗な桜を堪能されてみてはいかがでしょうか。


(撮影・取材・調べ・文/PONTA 記事更新日/2018年3月26日)





公園の詳細

[公園名]鶴舞公園

[住所]名古屋昭和区鶴舞1-1(Googleマップ

[電話番号]052-733-8340

⇨ 名古屋市みどりの協会 ホームページサイト

名古屋市 ホームページサイト


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷWEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000