【円頓寺】「秋のパリ祭」が行われている「円頓寺商店街」を歩く。

名古屋市西区は那古野 名古屋駅や名古屋城から程近いながらもほぼ中間に位置した場所に 子育て・安産の鬼子母神様のお寺「長久山・円頓寺」がありますが  それを面しているのが「円頓寺商店街」です。東は堀川を五条橋たもとから西は江川線まで約220m続くアーケードの付いた商店街は 老舗から お洒落なバルやカフェ ギャラリーといった新しい店舗など 新旧が上手く絡み合っても良い商店街です。

それで その「円頓寺商店街」では 様々な催しも行われているのですが その中の1つが 2013年から 毎年 秋の真っ盛りの時期に行われている「秋のパリ祭」です。商店街やその界隈を愛する店主や仲間達の「パリが大好き」という思いがギュッとひとつになりばがら「商店街にパリの魔法をかけちゃおう!」というきっかけで始まった催しです。

今年(2018年)で6年目を迎える「秋のパリ祭」は11月10日・11日の2日間おこなわれましたが 私も催しの行われている「円頓寺商店街」を歩いてみました。


同じ西区の別の場所にある居酒屋でお昼のランチタイム後 歩いて「円頓寺商店街」へとやってきました。12時30分頃にやってきたのですが この日の日中は雲のない綺麗な青空をした天気模様でより訪れやすく 名古屋駅から歩いて「円頓寺本町商店街」を経由して来られた方も多かったのではないかと思ってしまう私です。

(➡️ Googleマップ


アーケード街内に足を踏み入れると 通り沿いに立ち並ぶお店に加え フランス・パリにちなんだ美味しいグルメを提供した出店ブースや 食品・雑貨類などの物販の出店ブースもたくさん立ち並んでいることから 身動きが取れないぐらいのすごい人賑わいぶりをしてました。また グルメ・食品販売の出店ブースで行列できていたところもありました。ちなみに私 2013年にもこの催しへ訪れたことがありますが もちろん 当時より多くの方々が来られていることになります。

円頓寺境内前もご覧のように すごい人賑わいぶりを。
それから 実はこの日 毎週日曜日のお昼に東海テレビでオンエアされている地元情報番組「スタイルプラス」の生中継が入っており メインMCの内藤剛志さんの姿も拝見しました。
(但し 写真撮影禁止となっているので画像は一切ありませんので悪しからず。)

催し内では 総合受付も設けてあり スタッフによる案内や対応 この催しをはじめとした各種パンフレットの配布などを行なっていました。

出店ブースや総合受付に加え こちらも共にフランス生まれの車「シトロエン」の車が置かれてました。ちなみに1台は東側からアーケード街に足を踏み入れた場所に「2cv6チャールストン」が。もう1台は円頓寺境内そばの場所で「C4カクタス」が。

「C4カクタス」の前には「プジョー」のスクーター2台が。もちろん「プジョー」もフランス生まれです。

それから ストリートライブ形式でアコーディオン演奏ライブが。こちらもフランスらしさがあります。

さらに それから パケットの入ったバスケットを持ちながら 凱旋門の被り物を被った がいせんもん男爵のイケメン男子とベルサイユのコスプレをした美人女子もいて催しを盛り上げていました。

といったところで せっかく催しの行われている商店街にやってきたので 軽く何かいただこうと思い 先ずは 中村区・則武でホステルとカフェバーを営む「グローカル」にる出店ブースでは フランス産の赤ワイン(500円 税込)を。軽いタイプの赤ワインで飲みやすい美味しさでした。


それから 春日井市・勝川でフレンチレストランを営む「シュバルブラン」による出店ブースでは 勝川のご当地グルメにしていきたいという「勝川ロール(500円 税込)」を。エビとホタテムースを食パンで包んで揚げた1品で そのままでいただいても クリームタルタルソースに漬けていただくのも 良い味をした美味しさでした。


こちらでは購入はしていないのですが 中区・大須でカフェを営む「ラペペ」の出店ブースでは 世界三大珍味の1つであるトリュフで 黒トリュフを使ったフライドポテトを販売していましたが ちょうど 黒トリュフの姿を見せていたので それをパチリと。


こちらでも購入はしていないのですが 地元・円頓寺のそば店「えんそば」と東区・高岳のカフェ「フェアーグランドカフェ」のコラボによった「そば粉のガレット」を香ばしく焼き上げている模様を。ホント美味しそうです。


あとそれから 一部ではありますが 物販の出店ブースの模様を。それと 画像はありませんが 鶴舞でベーカリーショップを営む「SURIPU」の出店ブースがありましたが 多くの行列ができていました。


今年も大いに賑わった「秋のパリ祭」。来年はまた更なる賑わいを魅せて欲しいし 名古屋駅界隈をはじめとした各地に宣伝広告を出したながら遠方からの方々にもたくさん来ていただくことができるように期待したいですね。


(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2018年11月14日)





Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000