【彦根】JR駅前!「八千代」で彦根新名物の1品「ひこね丼」を味わう。

11月23日の勤労感謝の日の金曜日はレンタカーを借りて滋賀県彦根市までのドライブとりっぷを楽しんだのですが 途中 何ヶ所か立ち寄りながらも彦根市に到着してから 借りたレンタカーをJR彦根駅横のコインパーキングに停めて駅界隈でお昼のランチタイムをしました。
その彦根駅界隈でのランチタイムですが「どうせなら ご当地らしいものを美味しくいただきたいなぁ」と思い 駅界隈を歩いていると 駅前にある食堂「八千代」にやってくると お店の二枚看板の1つであり 彦根新名物グルメとなっている「ひこね丼」の幟を見つけました。ということで「これは是非いただいてみたい」と思い お店へ訪れて「ひこね丼」をいただいてきたのです。

そばが1番のメインながらも麺類・丼類・定食類・単品料理類・アルコールを含めたドリンク類などのメニューを提供する食堂「八千代」にやってきました。JR彦根駅を出てすぐ右手の場所にあります。

(➡️ Googleマップ


お店内に足を踏み入れて席に着くと ラミネートされたお店の二枚看板の1品「ひこね丼(880円 税込)」があります。私は迷わずに「ひこね丼」をオーダーを。


オーダーしてから数分。「ひこね丼」が私の目の前に現れました。


丼部分をアップ。

温かいご飯の上に すき焼き風に煮込んだ近江牛の牛すじ 赤こんにゃく しらたき 刻みネギがのっており さらに 半熟玉子 紫蘇の葉 ガリがのっております。


では 早速 近江牛の牛すじから。
甘みもありながら醤油の味がしっかりと染み込んでおりジューシーな食感をしているんです。うん 美味しいです。

赤こんにゃくとしらたきも味が染み込んでおり 牛すじとの相性が抜群と言わせる美味しさをしております。ちなみに赤こんにゃくも近江産の食材です。

それから 牛すじは半熟玉子と絡めていたたくことに。これがまた 絶妙な感じを思わせる味をした美味しさなんです。

もちろん ご飯がすすみます。

最後はご覧のように完食を。

美味しくいただいてお店を出た後は歩いて彦根市街を歩きとりっぷへと向かった私でしたが その模様はまた改めてということで。
あとそれから「八千代」では お店の二枚看板のもう1品「ひこねうどん」がありますが そちらの方も気になるところです。
皆さんも彦根市に来られた際の食事はJR彦根駅前にある「八千代」で 二枚看板となっていながら彦根新名物となっている「ひこね丼」「ひこねうどん」を味わってみてはいかがでしょうか。
ごちそうさまでした!美味しかったです!



(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2018年11月23日) 




訪れたお店の詳細

[店名]八千代

[住所]滋賀県彦根市旭町9-1(➡️ Googleマップ

[電話番号]0749-22-1159

[営業時間]10:00~20:30

[定休日]月曜日

➡️ 八千代食べログサイト


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000