【名古屋駅】シンフォニー豊田ビル地下!「來杏担担麺房」で「陳麻婆豆腐飯」を味わう!

2011年に名古屋駅界隈で広小路通沿いにオープンした中華料理こと中華名菜のお店「來杏(ライカ )」の2号店として2016年9月16日にオープンした「來杏担担麺房・シンフォニー豊田ビル店」が シンフォニー豊田ビル店の地下1階にあります。こちらのお店では担担麺をメインとした中華料理メニューが用意されていますが そのメニューの中のご飯メニューとして「陳麻婆豆腐飯」も用意されています。

「陳麻婆豆腐」といえば 四川花椒を入れて作り上げた麻婆豆腐で 四川花椒の香りと痺れ感がクセになってしまいそうな美味しさと言われますが 私も辛さや痺れ感の効いた美味しさの麻婆豆腐は大好きです。ということで お店へ訪れて「陳麻婆豆腐飯」をいただいてきました。


シンフォニー豊田ビル地下1階にある「來杏担担麺房・シンフォニー豊田ビル店」にやってきました。お店構えからお店内までシック感のある中華モダンさがあり カウンター席・テーブル席がそれぞれ用意されています。

(➡️ Googleマップ


席上に備えられているメニュー表の中に「陳麻婆豆腐飯」がきちんと記載されております。価格は900円(税込)ですが プラス200円で大盛りにすることができるとのことで 私は大盛りでオーダーしました。


オーダーして待つこと数分。「陳麻婆豆腐飯」大盛り(1100円 税込)が私の目の前に。大盛りとあって食べ応えがあるボリュームの麻婆豆腐飯でスープも付いてます。


早速 その陳麻婆豆腐を口にしてみると 豆板醤・甜麺醤(甘味噌)・ラー油などに加え四川花椒が良い絡みをした形で ほんのり甘みがありながらも唐辛子の辛さと四川花椒の痺れによる2つのスパイシー感がよく効いてます。もちろん 豆腐もフワフワな食感で挽肉もたっぷりとあって ご飯や麺がよりすすむのに加え ビール・お酒のアテとしていただくこともできてしまいそうです。


陳麻婆豆腐はもちろんご飯と一緒に。


スープは鶏ガラ出汁の中華スープで あっさりな味でネギもたっぷりと。


最後はご覧のように完食をしてお腹いっぱいになりました。

ということで 皆さんも 名古屋駅界隈で辛さと痺れのスパイシー感が効いた麻婆豆腐をお求めの方 是非「來杏担担麺房・シンフォニー豊田ビル店」へ訪れて 美味しいをオーダーされて味わってみてはいかがでしょうか。また「陳麻婆豆腐飯」を担担麺などの麺メニューとのセットとしいただいてみるのも全然OKかと思います。それと「陳麻婆豆腐かけラーメン」も気になるところです。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2018年12月31日)




訪れたお店の詳細

[店名]來杏担担麺房・シンフォニー豊田ビル店

[住所]名古屋市中村区名駅4-11-27 

    シンフォニー豊田ビル地下1階(➡️ Googleマップ

[電話番号]052-462-1102

[営業時間]11:00〜15:00(LO. 14:30)

      17:30〜22:00(LO. 21:30)

[定休日]

➡️ 來杏担担麺房・シンフォニー豊田ビル店食べログサイト

➡️ 來杏ホームページサイト


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000