【名古屋鉄道】リニューアルされたパノラマsuperの特別車に乗車!

8月14日 お盆の真っ最中のこの日は 愛知県の東部・豊橋と静岡県の西部・浜松への街旅をしてきました。

それで 名古屋から豊橋までは名鉄(名古屋鉄道)特急の特別車(指定席車)に乗って向かったのですが 名鉄名古屋駅で乗車券とミューチケット(特別車両券)を買って改札を通ってホームで乗車する列車を待っていると リニューアルされた『パノラマsuper』がやってきて その列車に乗車し特別車の座席に座りました。

リニューアルされた『パノラマsuper』は 前寄り(豊橋寄り)に2両の特別車と後寄り4両(岐阜寄り)の一般車という編成には変わりないですが 外観は おなじみの赤・白のカラーリングを使用しつつ 赤の比率が大幅に増加し 先頭車のスカートは赤色に包まれ『パノラマsuper』のヘッドマークだったところに列車種別や行先をLED表示する方式に変更されていて 展望席の下の運転席の窓からヘッドライトにかけて黒を採用しています。


リニューアルされた『パノラマsuper』の特別車の車内の模様です。

窓側の壁面は白でありつつもデッキ側の壁面はダークブラウンの木目調カラーに 床とシートはブルーを基調した高級感のある内装になっていて 車内案内表示器も高精細で鮮やかなフルカラーLEDに変更されています。

また 今までの『パノラマsuper』の特別車のシートにはテーブルが備えていなかったのですが リニューアルされた車両の特別車シートにはシートの前に収納式テーブルが備え付けてあるのと自動放送が設けてあります。

(展望席や一般席の方は 全く画像は無くて申し訳ないのですが 詳しいことは リニューアルされたニュースのリンクを貼っておきますので そちらをご覧下さい。)


リニューアルされた『パノラマsuper』の特別車に乗車して座席に座った私は 名鉄名古屋駅ホーム内にある「ファミリーマート」で買った缶チューハイを飲みながら車窓を眺めたりしていました。

乗車券+360円という価格で利用できる リニューアルされた『パノラマsuper』の特別車の座席は 乗り心地・座り心地がホントに良いです。


あとそれから『パノラマsuper』を含め 名鉄特急の特別車は 座席指定ながらも距離に関係なく乗車券+360円という価格で利用できて 新幹線・JR在来線・近鉄特急はもちろんのこと 関東圏のJRの快速・各駅停車のグリーン車よりもお値打ちに利用できるので 名鉄電車で名古屋から豊橋・岐阜・中部国際空港(セントレア)などへ向かう際は利用してみてはいかがでしょうか。


(撮影・調べ・文/PONTA)



⇨ 名古屋鉄道 HPサイト

⇨ マイナビニュース


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000