【栄】深夜3時まで営業の『カレーうどん千吉 栄店』でハイボールと料理で晩酌!

「カレー屋さんはカレー屋さんらしく」をコンセプトとして掲げ そのコンセプトを表現したキーワードが「美味しさを五感で味わっていただきたい」ということで 2003年 タモリさんによる味の監修で 東京・渋谷にオープンしてから首都圏に展開している『カレーうどん千吉』は 今年 名古屋にもオープンしましたが 以前 大須店に訪れて初賞味をした記事を書きましたが その後 中日ビルの南側に面した通りを東へ行ったところにある栄店にも夜に訪れてハイボールと料理で晩酌をしてきました。


木製のカウンター・テーブル・椅子を使った和モダンの店内は テーブル席・カウンター席があり 厨房カウンター奥にもテーブル席があります。また 厨房カウンターにはおばんざい料理がのった大皿が置かれています。


栄店の場合 11時の開店から17時まではカレーうどんメニューのみの提供になりますが 17時からはご覧のようにアルコール・天ぷら・おばんざいが提供され 小うどんやその日のおすすめメニューもあります。また 2000円(税込)の120分飲み放題コースもあります。

 

先ずは 通常の2倍サイズ量が入ったサントリーの角瓶ウイスキーを使ったメガ角ハイボールで乾杯。通常サイズは350円(税込)に対しメガサイズは550円(税込)でお値打ちなんです。


明太子と高菜のサラダ(280円 税込)です。

ご飯によく合う明太子と高菜ですが 野菜にもよく合うしサッパリしています。


牛すじ煮込み(280円 税込)です。

ネギものった甘辛で煮込んだ牛すじに加え煮卵が付いてきてタンパク質も摂取できます。


牛すじ煮込みをオーダーした時とは別の日に訪れた時にオーダーした豚肉の角煮(330円 税込)です。

こちらも甘辛で煮込んでいてトロッとした食感をした豚肉の角煮で辛子も付いています。


それから『カレーうどん千吉』と来たら カレーうどんに加えて豊富な種類がある天ぷらも食べたくなるんです。

単品では120円のものと80円のもの(ともに税込)がありますが 5本盛り合わせ(500円 税込)と8本盛り合わせ(800円 税込)もあります。しかも 盛り合わせの場合はともに1本おまけで付いてきて こちらもお値打ちなんです。また 私がオーダーした5本盛り合わせも新鮮な海鮮&野菜を揚げたてアツアツで提供してくれます。


通常サイズのみの提供ですがバーボンウイスキーのハイボール ジムビームハイボールを(350円 税込)。


それから 栄店では地元・愛知で蒸留し 軽やかな味わいでほのかに香るグレーンウイスキー「知多」のボトルがズラリと飾られています。


ズラリと飾られているボトルに釣られてしまい知多ハイボール(500円 税込)を(笑)


〆はやっぱりカレーうどんを食べなきゃということで辛吉カレーうどんの小うどんサイズ(390円 税込)を。

お店の基本である和風だしにミルクを加えクリーミーでありながらスパイス感もある千吉カレーうどんに唐辛子ソースを加えたカレーうどんです。


別の日に訪れた時になりますが 黒カレーうどんの小うどんサイズ(390円 税込)を。

ブイヨンのコクと旨味が濃縮されたスパイシーがある黒ソースを使ったカレーうどんです。


『カレーうどん千吉』は 単なるカレーうどん店としてではなく 豊富なアルコール・豊富な料理を手頃な価格で提供してくれるお店で しかも税込価格での提供でお通し料が一切なく リーズナブルに晩酌される方のニーズにも応えてくれるお店であると私はそう思います。また 大須店は23時で閉店となるのに対し 栄店はお店の周りは深夜の時間帯までお酒が楽しめるお店がたくさん立ち並んで場所でもあることから 深夜3時まで営業していて 他のお店で飲み食べをした後 最後の〆としての利用もしやすいお店であると思います。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 2017年12月3日)




お店の詳細

[店名」カレーうどん千吉 栄店

[住所]名古屋市中区栄4-3-4(Googleマップ

[電話番号]052ー684ー9969

[営業時間]11:00〜翌3:00

[定休日]無休

カレーうどん千吉 ホームページサイト

カレーうどん千吉 栄店 食べログサイト







名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000