【三河安城】JR駅前「ドーミーインEXPRESS三河安城」の天然温泉「三州の湯」に浸かる!

昨今のビジネスホテルを含めた宿泊特化型ホテルなどにも脚を伸ばしながら気持ちの良い湯舟に浸かることが可能な大浴場施設が完備されてるホテルが増えてきておりますが 中には 宿泊利用をしないながらも大浴場施設のみの利用を可能したホテルを幾つかあり 私もそういったホテルへ訪れて大浴場施設を利用して気持ちの良い湯舟に浸かることがよくあります。
その幾つかある中 愛知県安城市・JR三河安城駅前にあるビジネスホテル「ドーミーインEXPRESS三河安城」館内の天然温泉大浴場施設「三州の湯」も大浴場のみの利用が可能となっており気持ちの良い湯舟に浸かることができ 私もホテルへ訪れて「三州の湯」の気持ちの良い湯舟に浸かってきました。

JR三河安城駅の新幹線側南口にやってきました。三河安城駅は新幹線と東海道線が乗り入れる駅ですが 私は東海道線を利用して三河安城へとやってきました。 

駅は背景にした形で左を振り向くと信号交差点を挟みトヨタレンタリースの奥側に「ドーミーインEXPRESS三河安城」があります。

➡️ Googleマップ


ホテル正面側はご覧のようになっております。

ホテル正面入口左横にはホテル名に加え「天然温泉 三州の湯」とも書かれております。
ちなみに「三州」とは 飛鳥時代から明治時代初期まで日本の地理的区分の基本単位だった令制国の1つとなる三河国の別名として呼ばれてました。

ホテル館内に足を踏み入れるとレセプションのあるメインロビーへと差し掛かりますが レセプションで受付を利用料金を支払います。

受付を済ませ利用料金を支払うと日帰り入場券を受け取ります。利用料金は大人が600円 子供は300円となり 別途料金でタオル・バスタオルをレンタルすることが可能です。私はタオル(100円)をレンタルしました。もちろん タオル・バスタオルを持参しての利用も可能です。
(価格は税込です。)
温泉大浴場のみの利用可能時間は 平日は15時から20時まで 土曜日・日曜日・祝日は14時から20時までとなっており ホテル側からは2時間以内の退出をお願いしてます。

レセプションから奥へ歩き進んだ場所に天然温泉大浴場施設「三州の湯」があります。

施設内に足を踏み入れるとすぐ右手に男湯の出入口があります。

少し歩き進むと左手に女湯の出入口があります。

浴場内に1人でも誰か居た場合は撮影することができませんが その浴場内に誰1人も居ないスキを見て浴場内の撮影に成功することができました。先ずは 内風呂の湯舟を。


屋外の岩風呂の湯舟も。
ビジネスホテルの温泉大浴場とありながらも 施設内は日本の和を強調させた空間となってますが 岩湯舟に加え内風呂にも岩が置かれることから和をより強調した湯舟となっております。

「三州の湯」についての良質・効能についての説明を書かれたものものが内風呂・露天風呂ともに掲示されてます。
泉質はナトリウム・カルシウムによる塩化物温泉 (等張性弱アルカリ性低温泉)で 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性・疲労回復などに効きます。

そして 先ずは 内風呂の湯舟から浸かることに。「うん すごく気持ち良い!」と言うぐらい気持ちの良い湯舟で溜まっていた疲れも解消してくれそうになります。


今度は 岩風呂の湯舟にも。こちらも気持ちの良い湯舟に疲れを解消してくれそうになり 特に今の寒い時期は内風呂以上に「すごく気持ち良い!毎日浸かりたいぐらい!」という気分になってしまいます。また 岩風呂ルーム内にはテレビも設置されてるので見ながらゆっくりと気持ち良く浸かることができます。


内風呂・岩風呂に加え 高温サウナと水風呂も完備。私もサウナに入って良い汗をかかせていただきました。サウナ内にもテレビが設置されてます。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープが用意された洗い場は1人ずつの個別ブースになっております。

シャワーブースも完備されてます。
湯舟に浸かる前にはシャワーブースのシャワーで浴びる もしくは 掛け湯を行なってから浸かることもマナーの1つですね。ちなみに私は 掛け湯を行なってから湯舟に浸かりました。

気持ちの良い湯舟に浸かりホテルから出た後は缶チューハイで乾杯を。

新幹線はこだまのみ 東海道線は各駅停車のみ停車のJR三河安城駅ではありますが「ドーミーインEXPRESS三河安城」は宿泊された方はもちろんのこと 利用時間が限られてしまいますが お近くの皆さん 三河安城駅界隈へ来られた方も 是非「三州の湯」で気持ちの良い湯舟に浸かってみてはいかがでしょうか。日頃の疲れが解れますよ。


(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年2月6日)




訪れた施設の詳細

[店名]ドーミーインEXPRESS三河安城・三洲の湯

[住所]愛知県安城市三河安城本町1-1-3(➡️ Googleマップ

[電話番号]0566-71-5489

[日帰り利用可能時間]平日/15:00~20:00

           土曜日・日曜日・祝日/14:00~20:00

➡️ 施設について詳しいサイト(ドーミーインEXPRESS三河安城ホームページサイトより)


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷWEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000