【名古屋駅】老舗インドカレー店「タンドゥール」でインドカレーを味わう!



とある日曜日のお昼のランチタイム時間帯に名古屋駅界隈に設置された地下街の1つであるミヤコ地下街内へとやってきました。現在立ってるセンチュリー豊田ビルの前身である名古屋都ホテルにちなんで開業されたミヤコ地下街で 隣の地下街のサンロードなどにも繋がっており 地下街の下部には地下鉄東山線が走ってます。そして そのミヤコ地下街では古くから営業してる老舗的な飲食店もあります。


その老舗的な飲食店の1つがコチラ。40年以上営んでる本格派インドカレー専門店である「タンドゥール」です。今回はコチラのお店へ訪れて本格派インドカレーを味わってみることにしました。


お店内に足を踏み入れると そこはこじんまりとした形でカウンター席のみ用意されてます。それから 最近のインドカレーのお店を聞くとインド人の方が営んでるお店が多いのではないかと思いますが コチラのお店は日本人の方が営んでおり いつもは年配になられる女性がいらっしゃるのですが この日は同じ年配になられる男性の方が営んでおりました。


席に着いた私。早速 メニューファイルの目を通してみると 内容はすごくシンプルで カレーメニューはインドカレーとご飯と書かれてるのみで それにサラダ・ビール(中瓶)とチャイをはじめとしたドリンクやアイスクリームが用意されてます。そして 私はインドカレーとご飯をオーダーしたのですが カレーは 甘口・中辛・辛口・激辛を好みの辛さをセレクトする形となりますが 私は激辛をセレクト。また 激辛は好みに応じた辛さにすることが可能ですが 私は普通の激辛で。


オーダーしてから数分後。インドカレーとご飯が私の目の前に。魔法のランプをイメージしたグレイビーポットに盛り付けられたカレーと鉄皿に盛り付けられたご飯が別々に用意され インドカレーの王道さを感じさせてくれます。


グレイビーポットに盛り付けられたカレーの部分をアップ。


激辛とあってカレー自体はヒリヒリ感させたスパイシーでありながらも 中に入ってる玉ねぎでの甘み感とトマトでの酸味感も効いており 挽肉も入っており 実際にご飯と併せていただいてみると すごく良い感じとした旨辛さの味に導かせてくれます。


それから 席上には福神漬も備えられてます。


鉄皿に盛り付けてカレー・ご飯と併せていただきましたが 福神漬けもシャキシャキ感たっぷりとあって コレもまた良い絡みをした旨辛さの味をしてます。


最後はご覧のように完食を。

名古屋駅界隈にも美味しいインドカレーを味わえるお店が幾つかありますが 今回訪れたミヤコ地下街内にある「タンドゥール」の本格派インドカレーも是非味わってみてはいかがでしょうか。


お店を離れてからはミヤコ地下街を繋がってるサンロード方向へと歩き進みながら駅界隈を散策してました。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年10月12日)




訪れたお店の詳細

[店名]タンドゥール

[住所]名古屋市中村区名駅4-9-10 ミヤコ地下街内

[電話番号]052-586-2855

[営業時間]11:00~20:00

[定休日]無休

➡️ タンドゥールぐるなびサイト



名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000