【大須】「とりとり亭大須店」はチキン南蛮フライに加えてウラ南蛮フライもいかがでしょうか?



この『Pon-Po(ポンポ)』ではお馴染みになっているかと思いますが「とりとり亭大須店」へとやって来ました。
「良いものを安く美味しく!」をモットーにビール・お酒などのドリンクで乾杯しながら鶏料理をはじめとした料理メニューをお値打ちに美味しくいただくことができる居酒屋チェーンの「とりとり亭」は大須にも「とりとり亭大須店」としてお店を構えてます。
「とりとり亭」といえば 新名古屋名物となってるチキン南蛮フライが1番名物メニューとなっておりますが 大須店では普通のチキン南蛮フライに加え ウラ南蛮フライも用意されてとのことです。今回は乾杯しながらそのウラ南蛮フライを味わってみることにしました。

私おひとり様でお店へ訪れたことから着いたのカウンター席へ。先ずは お通し料理(300円)・オニオンスライス(280円)を併せてウイスキーハイボールの大ジョッキ(720円)で乾杯を。この日の大ジョッキのハイボールも変わりなく爽快感を感じさせながら飲み応えがありました。また この日のお通し料理のメニューは うずら入り大根煮・サーモン刺身・枝豆キムチ仕立て・茄子のお浸しによる4種類で こちらも変わりなく300円+消費税とは思えないボリューム感たっぷりでした。もちろん オーダーしたオニオンスライスとシャキシャキ感たっぷりでした。

料理メニューには から揚げグランプリのチキン南蛮部門で金賞の受賞もされたお店1番の名物であり新名古屋名物ともなってるチキン南蛮フライが堂々ぶり感のある形で記載されております。

しかし この日は通常のチキン南蛮フライではなくウラ南蛮フライをオーダーすることに。

そして数分後 オーダーしたウラ南蛮フライが私の目の前へと現れたのです。
ちなみに通常のチキン南蛮フライはタルタルソースに甘辛の南蛮ダレがたっぷりと掛かってるのですが 今回オーダーしたウラ南蛮フライはタルタルソースに南蛮ダレの代わりに甘辛味噌ダレが掛かっており こちらが580円+消費税で味わえるのです。もちろん タレに使われてる味噌は赤味噌です。

料理メニューにウラ南蛮フライの上部には大須店まなかい発祥として称されてますが 元々は大須店のお店アルバイトスタッフの方々がまかないとして味わっていたものだったのですが お店のメニューとしてお客の方々にも提供してみると コレが大好評になってるようです。
そして 私も実際に口にしてみると 揚げたてアツアツでサクッとジューシーの食感にタルタルソース・甘辛味噌ダレがすごく良い感じで絡み合った美味しさの味をした実感で 乾杯したウイスキーハイボールがより進みませてくれるのはもちろんのこと 他のお酒やご飯ともよく合いそうです。また 通常のチキン南蛮フライとはまた違った名古屋らしさの味をした実感でもあります。

最後はご覧のように全てのメニューの完食・完飲を。
この記事をご覧になった皆さん 是非「とりとり亭大須店」へ足を運んで 乾杯しながら大須店まかない発祥と称してメニューに出されてるウラ南蛮フライを味わってみてはいかがでしょうか。それと 恐らくテイクアウトも可能かと思います。
ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年10月10日)




訪れたお店の詳細

[店名]とりとり亭大須店

[住所]名古屋市中区大須3-18-29

[電話番号]052-263-3360

[営業時間]17:30〜翌1:00(LO24:00)

[定休日]無休

➡️ とりとり亭大須店ぐるなびサイト

➡️ とりとり亭大須店ホームページサイト

➡️ とりとり亭ホームページサイト



名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000