【四日市】立ち呑み酒場「スタンドゑびす」でおひとり様忘年会!


(広告PR)


2019年もあとわずかといった夜の時間帯に名古屋駅から近鉄電車で 三重県四日市市は近鉄四日市駅へとやってきました。駅界隈はショッピングなどを楽しめるお店に加え 乾杯を楽しめる飲食店もたくさん立ち並んでることもあって多くの人賑わいを魅せてました。

そして 私はここから 今年に8月に初めて訪れてからご贔屓にしてるお店の1つへと向かったのです。


向かった先はこちら。立ち飲み酒場のお店「スタンドゑびす」です。

今年の8月に初めて訪れて以来 何度か足を運んで訪れる程の私自身のご贔屓店にしており 9月にこの『Pon-Po(ポンポ)』で記事を書いて揚げております。


すぐ近くの場所にある「大衆酒場ゑびす」の姉妹店となる「スタンドゑびす」は 豊富に用意されたお酒などのドリンクメニューや海鮮料理にこだわった料理メニューがリーズナブル価格として乾杯しながら味わうことができ 女性おひとり様でも気軽に訪れることができるお店です。但し お店出入口前には「酔っ払いお断り」と書かれており 別のお店で乾杯を楽しんだ後に訪れた方はお断りしてるようです。

今回はおひとり様忘年会としてお店で乾杯しながら料理を味わいたいと思います。


立席カウンター席に着いた私。まずは290円で味わえるブラックニッカのハイボールで乾杯を。程良い氷量としっかりと効いた炭酸にレモンも入っており飲み応えがあります。

*価格は税込です。


そして ハイボールで乾杯後 最初にオーダーした料理メニューはコチラ。あわびの刺身。コチラが290円で味わうことができるのです。

恐らく三重県産のものが使われたあわびの刺身は。わさび醤油に漬けていただきましたが 少し滑らかさがありながら歯応えある食感に新鮮さとさっぱりさがあります。また 刺身に加えてワカメとツマもご覧のように。

*価格は税込です。


あわびの刺身と一緒にキスの天ぷらも併せて。コチラは380円で。

天ぷらに付いてきたしょっぱさたっぷりのモンゴル塩を掛けていただきましたが 揚げたてアツアツとサクッとホクホク感たっぷりの天ぷらとすごく良い絡みさが感じます。

*価格は税込です。


あわびの刺身とキスの天ぷらが味わってる最中にドリンクがなくなったということで 今度は金宮焼酎の水割りを。コチラもハイボール同様に290円で。

四日市に本社を置く宮崎本店の金宮焼酎は 国内の甲類焼酎の中でも最高峰の品質を誇る亀甲宮焼酎であり ほのかな甘みとまろやかさがあります。水割りでも良い味として乾杯しながらいただくことができます。

*価格は税込です。


金宮焼酎の水割りと併せて砂肝刺を。コチラは350円で。
わさび・おろし生姜・ネギ・醤油も付いた砂肝刺は歯応えあるジューシー感たっぷりで コチラもビール・お酒などのドリンクがより進ませてくれる味の一品です。
*価格は税込です。

砂肝刺をいただいてると 金宮焼酎の水割りが無くなってしまい もう1杯オーダーして乾杯しながらいただくことに。

そして カキフライもオーダー。コチラは3粒で380円で味わうことができます。 
恐らくコチラも三重県産のものを使ってるかと思われるカキフライはサクッとプリプリ感たっぷりとして良い味でマストとなるタルタルソースとすごく相性抜群さを感じさせてくれるのです。
*価格は税込です。

カキフライと併せてキンミヤハイボールも。コチラも水割り同様に290円で乾杯しながら味わうことができます。金宮焼酎の味にしっかり効いた炭酸に飲み応えさが感じます。


この日のオーダーは以上となりますが 四日市までやってきてご贔屓にしてるお店へ訪れて 良いおひとり様忘年会として楽しむことができました。ちなみに掛かった金額は2790円でPayPay決済を利用して支払いました。PayPayを利用されてる方は「スタンドゑびす」でも是非。

お店から離れた後は 駅界隈を散策してから近鉄電車で名古屋へと帰ったのです。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年12月30日)




訪れたお店の詳細

[店名]スタンドゑびす

[住所]三重県四日市市諏訪栄町9-13 

[営業時間]15:00~22:00(LO. 21:30) 

[定休日]不定休


(広告PR)


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000