【御器所】「カフェボロン御器所店」でお店特製の和牛ハンバーグを!

昭和区御器所にある喫茶店「カフェボロン御器所店」へ訪れて お店特製の和牛ハンバーグを味わった模様をお届けしていきます。


お昼の時間帯に昭和区は御器所の街へとやってきました。
私が住んでる自宅から徒歩圏内となる御器所の街は 地下鉄鶴舞線・桜通線が乗り入れる御器所駅もあることから住みやすさや飲食店・美容室などのお店の充実さに加えて 名古屋駅や栄などの中心部へ行く際へ便利さもある街です。
そして この日のお昼のランチタイムは この御器所の街にあるお店へ訪れてのランチタイムをしたいと思います。

やってきたお店はこちら。喫茶店の「カフェボロン御器所店」です。
同じ昭和区の鶴舞の街は山王通沿いにもある「カフェボロン」は「美味しい珈琲を淹れ 美味しい食事を出す それだけ。」をコンセプトにしながら コーヒーをはじめとしたドリンク・スイーツ・軽食にモーニングやランチといったメニューを用意した喫茶店で 多くの老若男女から親しまれてきております。

お店出入口玄関の前には いろいろなメニューが書かれた黒板が立ってるのですが その中にお店特製となる和牛ハンバーグが書かれたものが目にしました。
そこで お店内に足を踏み入れて この日のお昼のランチタイムとしてお店特製となる和牛ハンバーグを味わってみたいと思います。

足を踏み入れたお店内は 昔懐かしさを感じさせたレトロな雰囲気の空間となっておりながら憩いの場として 落ち着きながらカフェブレイクや食事を楽しむことができます。
席に着いた私は 早速 お店特製となる和牛ハンバーグをオーダーとなるのですが そのハンバーグは 200g(900円)・300g(1100円)・400g(1300円)といった大きさ量とデミグラス・和風といったソースは それぞれセレクトする形となりますが 私は300gで和風ソースをセレクトした形でのオーダーをしたのです。

オーダーしてから15分後 お待ちかねのお店特製となる和牛和牛ハンバーグが私の目の前に差し出されました。
和牛ハンバーグは野菜と併せて鉄板プレートにのせた形で それにご飯・味噌汁(合わせ)・漬物(柴漬け)が付いてきます。

和牛ハンバーグの部分をアップしたものですが 300gともあって溢れるボリュームさが感じられますよね。

そして 和牛ハンバーグを実際にいただいてみると 甘辛さっぱりな和風ソースを効かせた形で肉汁も含まれたジューシー感たっぷりな仕上がりなっております。
もちろん 和牛であることから使われてる挽き肉は国産牛。ハンバーグを作る際もオーダーを受けてから予め仕込みをしたものを手ごねをしてから焼き上げていくといった形なっております。

ハンバーグが美味しければ ご飯もより進ませてくれます。
もちろん 和牛ハンバーグは ご飯・味噌汁・漬物を含めてきちんと完食して良いお腹満たしになり満足感のいくお昼のランチタイムを楽しむことができました。

あとそれから 訪れた「カフェボロン御器所店」ですが 名古屋市が認めた喫煙可能店となっており タバコを吸われる方も カフェブレイク・食事をしながら喫煙ができますが ただ 他のお客の方々には迷惑を掛けないにしたいところですね。また 支払いは現金のみとなっております。
ボリューム感溢れながらジューシー感たっぷりの良い美味しさの味をした「カフェボロン」の特製となる和牛ハンバーグ 皆さんも是非どうぞ。
ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事アップ日/2020年9月14日)





訪れたお店の詳細

[店名]カフェボロン御器所店

[住所]名古屋市昭和区御器所通3-6 ごきそダンヒル1階

[電話番号]052-846-7626

[営業時間]7:00 〜18:00

[定休日]日曜日

➡️ お店の食べログサイト

名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000