【昭和区恵方町】これまたお値打ち!中国料理店「祥和」の生ビールセット!

昭和区恵方町にある中国料理のお店「祥和」へ訪れて 生ビールセットで乾杯しながら料理をを味わった模様をお届けしていきます。 



昭和区は御器所の街と桜山の街の中間となる恵方町にある中国料理のお店「祥和(しょうわ)」へとやってきました。
中国人のご夫婦が営むお店でチャイナテイストなアットホームな空間に包まれたお店内で豊富に用意された中華料理を美味しく味わえれば ビール・お酒などのドリンクで乾杯しながら味わうこともでき 連日 お昼のランチタイム営業・夜のディナータイム営業問わず おひとり様から友人同士・家族連れなどのグループ客で賑わってます。
8月に初めてこちらのお店へ訪れた際 お昼のランチタイム時間帯とあって お値打ちなランチメニューが用意されており そのランチメニューを味わって『Pon-Po(ポンポ)』でお届けしましたが 実はもう1つお値打ちセットがあります。

そのお値打ちセットとは生ビールセットです。
生ビール1杯と15品の料理の中から2品セレクトして乾杯しながら料理を味わうセットメニューで 価格も1080円とお値打ちです。また プラス300円でラーメンまたはチャーハンを付けることができることと お昼のランチタイム営業時間帯でもオーダーすることが可能となっており お昼飲み乾杯を楽しみたい方にもおすすめです。
ということで お店内へ足を踏み入れて生ビールセットをオーダーして乾杯しながら料理も味わってみたいと思います。
*価格は税別です。

お店内へ足を踏み入れて席に着き 早速と生ビールセットをオーダーをし 間もないうちに生ビールが私の目の前に差し出されました。
生ビールはアサヒのスーパードライ。
良い泡立ちをしながら注がれたビールは キンキンに冷えてるのはもちろん スッキリとしたキレもある良い辛口の味をしてます。

2品セレクトする料理ですが 先ず1品目は棒棒鶏をセレクト。
細切りにしたきゅうりとトマトを下に敷いた形で棒棒鶏がたっぷりと盛り付けられており胡麻ダレも掛かっております。実際にいただいてみると 程良い脂ノリをした鶏肉とほんのり酸味も効かせた胡麻ダレが良いハーモニーさを感じさせてくれます。きゅうりとトマトもきちんとした新鮮さとシャキシャキ感があります。

2品目は麻婆豆腐をセレクト。
カットされた絹ごし豆腐とミンチがたっぷりでネギも掛かった麻婆豆腐です。実際にいただいてみると 以前 麻婆飯を味わった時と同じく 良い感じなピリッとした辛さの味に仕上がっており 激辛が苦手な方でも充分に美味しく味わうことができます。

棒棒鶏と麻婆豆腐を味わった後は プラス300円で味わうことができるチャーハンを。
具は玉子・カットされたチャーシュー・ネギの3種類とオーソドックスでありながら程良い塩・醤油加減の味付けで良いパラつき感に仕上がっており これまた食欲がそそりそうです。

チャーハンにはスープも付いてきます。
チャーハンをはじめとしたご飯ものをオーダーした際 必ずと言って良い程 スープが付いてくるのですが 大抵はスープの中にはネギのみといった形が多いかと思いますが こちらのお店はワカメが入っております。いただいてみてもさっぱりな程良い醤油加減の仕上がりに。
生ビールの乾杯から棒棒鶏・麻婆豆腐 さらにスープ付きほチャーハンまでいただいたのですが 掛かった価格は1380円+消費税とあって これまたコスパの高いお値打ちなセットメニューである実感をしました。

あとそれから 私はお店に足を踏み入れてからしばらくすると 全てのテーブルに対してお客の方々で埋まっており そのうちの1組は予約していた10人ぐらいのグループでした。これも 美味しいという評判を聞いてお店へ訪れてくる証でしょうと思いながら代金を支払ってお店から離れた私でした。
ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事アップ日/2020年9月27日)





訪れたお店の詳細

[店名]祥和

[住所]名古屋市昭和区阿由知通5-11 下田ビル1階

[電話番号]052-853-5018

[営業時間]11:30~14:00

      17:30~翌0:30(LO.24:00)

[定休日] 月曜日

➡️ お店の食べログサイト

名古屋発!街とりっぷマガジン『PON-Po(ポンポ)』

名古屋在住のPONTAが 名古屋を中心に 時には 名古屋以外の東海エリア・東海エリア以外へ街とりっぷ(街の旅)をしながらあれこれなどを良い形としてお届けしていくWEBマガジンです。 『PON-Po(ポンポ)』とは 街とりっぷをする本人である『PONTA』。あれこれなどを良い形としてお届けする形で記事を掲載していく『Post』。その『PONTA』と『Post』を合わせて略称したものです。

0コメント

  • 1000 / 1000