【御器所】「御器所酒房なご壱」で乾杯しながら台湾ミンチを使った料理メニュー三昧を!

昭和区御器所にある居酒屋のお店「なご壱御器所酒房」へ訪れて 乾杯しながら 台湾ミンチを使った料理メニューを味わった模様をお届けしていきます。



12月に入りこれrから冬本番に入り気温も段々と下がって寒さ対策に気を使いたいところですね。

それはさて置き 夜の時間帯に昭和区の御器所は御器所通交差点そばにある「名古屋で1番」という想いとして名付けた居酒屋のお店「御器所酒房なご壱」へとやってきました。 

チェーン店らしくないチェーン店な居酒屋を目指しながら 新鮮な鮮魚をはじめとしたさまざまな食材を使用した料理をリーズナブルな価格で乾杯しながら味わうことができるお店です。


お店前には 豊富に用意されたメニュー表が掲示されてるのですが その中に 台湾もやし炒め・台湾キャベツといったメニューが用意されており 赤文字で示されてることからお店おすすめにもなっております。また さらには台湾チャーハン・台湾焼きそばといったメニューも用意されております。

今回は お店内へ足を踏み入れて 乾杯しながら台湾メニュー尽くしを楽しんでみたいと思います。


お店内に足を踏み入れて カウンター席に着いた私は 早速 台湾もやし炒め・台湾キャベツにデュワーズハイボールのオーダーを。こちらがデュワーズハイボール(390円)になります。

多めの氷量の入ったなご壱オリジナルジョッキに注がれたハイボールは 良い炭酸としっかりとしたデュワーズのウイスキーの味を効かした味に仕上がっております。

*価格は税別です。


ハイボールで乾杯してしばらくすると台湾キャベツ(398円)が私の目の前に。

どういった形で出されるのか考えてましたが オーダー後にきちんと台湾ミンチをニラと併せて炒めてから生のキャベツに盛り付けられた1品です。

*価格は税別です。


台湾ミンチとシャキシャキ感たっぷりなキャベツが良いマッチングさを感じさせます。

台湾キャベツを味わってる最中に今度は台湾もやし炒め(470円)が私の目の前に。
こちらは もやしをニラ入り台湾ミンチと併せて炒めた1品です。
*価格は税別です。

こちらもニラのパンチさを効かせながらしっかりとしたピリ辛醤油味に仕上がっており もやしにシャキシャキさたっぷりです。
それと キャベツ・もやし炒めともにパンチさあるしっかりなピリ辛醤油味ながらもミンチ自体に少し甘みも感じさせてくれます。
もちろん 2品ともビール・お酒などのドリンクによく合います。

ハイボールがなくなったところで ドリンクは今度は これまたお店おすすめとなるなご壱オレンジサワー(490円)をオーダーして2度目の乾杯を。
氷とプレーンサワーに予め凍らせたオレンジの果実がたっぷりと入った1杯で 程良いアルコール・炭酸効きにスッキリとした果実感たっぷりな1杯です。
*価格は税別です。

台湾キャベツ・台湾もやし炒めを味わった後 〆として台湾チャーハンと台湾焼きそばのどちらかオーダーして味わってみようと思い セレクトしたのこちら。台湾焼きそば(470円)です。
ニラ入り台湾ミンチ・もやしと併せて焼き上げた1品です。

同じくこちらも同じく ニラのパンチさも効かせたしっかりとしたピリ辛醤油味に仕上がっており 麺にも歯応えあるもっちりさがあります。
〆にも味わうのにおすすめさがあります。

それから なご壱オレンジサワーは 360円でジョッキそのままによるプレーンサワーのおかわりをすることができます。
おかわりをして3度目の乾杯を。
よりオレンジが溶け出した形でよりオレンジの味を効かせてくれるのです。
*価格は税別です。

台湾焼きそばとおかわりしたなご壱オレンジサワーを味わったところで この日の夜はお開きにしました。

今回 私が乾杯しながら味わった台湾キャベツ・台湾もやし炒め・台湾焼きそばは どれもしっかりとしたピリ辛醤油の効いた味ですので「御器所酒房なご壱」へ訪れた際に 是非 味わってみてはいかがでしょうか。それと 今回は味わってませんが 台湾チャーハンも是非どうぞ。

ごちそうさまでした。美味しかったです。

では ここで失礼します。


(撮影・調べ・文/PONTA 記事アップ日/2020年12月1日)




訪れたお店

[店名]御器所酒房なご壱

[住所]名古屋市昭和区阿由知通4-1

[電話番号]052-841-8751

[営業時間]17:00〜24:00(L.O.23:00)

[定休日]無休

➡️ お店の食べログサイト

➡️ なご壱WEBサイト


名古屋発!街とりっぷマガジン『PON-Po(ポンポ)』

名古屋在住のPONTAが 名古屋を中心に 時には 名古屋以外の東海エリア・東海エリア以外へ街とりっぷ(街の旅)をしながらあれこれなどを良い形としてお届けしていくWEBマガジンです。 『PON-Po(ポンポ)』とは 街とりっぷをする本人である『PONTA』。あれこれなどを良い形としてお届けする形で記事を掲載していく『Post』。その『PONTA』と『Post』を合わせて略称したものです。

0コメント

  • 1000 / 1000