【天神橋筋6丁目(大阪)】『玉屋(本店)』でオマール海老を使った「究極のダシ」が入ったたこ焼きを

地下鉄谷町線・堺筋線が乗り入れる「天神橋筋6丁目駅」から都島通北側歩道を400メートル弱歩いた通り沿いにたこ焼きのお店『玉屋(本店)』があります。

高校卒業してからホテル業界に就職し料理知識(フランス料理)やサービスの基礎を学んだ後 洋食レストランや和食店などを歩き渡っていたオーナーさんは それらの経験を活かしてお店を出店させ『究極のダシ』を使ったたこ焼き提供しています。また 地元をはじめとした各メディアに加え「ミシュランガイド」にも取り上げられているお店でもあります。

ということで 私もある女子友からの紹介で はるばる名古屋からお店にお邪魔して絶品さのあるたこ焼きを頂いてきました。


通り歩道に面したオーダーカウンターには たこ焼きをメインに焼きそば・お好み焼きなどの写真が描かれたメニューが掲示されていて こちらでオーダーをして先に代金も支払う形となっていて イートインコーナーで頂くこともテイクアウトすることもできます。

お店の奥にイートインコーナーがありますが イートインコーナー入口には たくさんの署名人のサイン色紙が掲示されていて その中に名古屋の女性フリーアナウンサーのサイン色紙もありました。

イートインコーナーはカウンター席と1番奥にテーブル席があります。テーブル席奥壁頭上にテレビが設置されていて お店を取り上げていた番組の模様(VTR)が映し出されていました。またカウンター席・テーブル席にも写真が描かれたメニューが掲示されています。

たこ焼きは7種類のたこ焼きがあって 5個・9個・12個・15個・20個を選ぶことができ 無料でできるトッピングと追加料金でトッピングができるものがあります。

私は 7種類あるたこ焼きの中から「特製しょうゆ」のたこ焼きを12個(600円 税込)で粉カツオをトッピングしてオーダーしましたが 焼きたてアツアツのたこ焼きが私の目元に置かれた時点で美味しさを感じさせる香ばしい香りが漂ってきます。

焼きたてアツアツのたこ焼きの中にタコとネギなどの薬味きちんと入っていて『究極のダシ』が入った生地の中側はアツアツでトロッとして 実際に食べて絶品の美味しさを漂わせてくれます。
たこ焼きの生地に入っている『究極のダシ』ですが 鶏ガラ・豚骨・10数種類の青果などに加え『オマール海老』を使い それらの天然の恵みふんだんに取り入れ そこから 3日間掛けて旨味成分を絞り出したもので そこにたこ焼きに絶品の美味しさを導き出しているんです。ちなみに『オマール海老』は海老丸ごとダシを採っています。

それから たこ焼きのお供として サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」の缶ビールをオーダーしました。

私の大好きなビールの1つ「ザ・プレミアム・モルツ」と絶品の美味しさのたこ焼きを一緒に頂くのは私的にすごく最高な気分にもなってしまいます。


お邪魔したこの日 ホントなら ビールもう1〜2缶 または 他のお酒 それと 他のたこ焼きや焼きそば・とん平焼きなどもオーダーしたかったのですが 実はお店にお邪魔する前に JR天満駅近くの立ち呑み店へ寄っていたので この日のオーダーは以上となりました。

あとそれから テーブル席に2人組の女性がいらっしゃって その2人組の女性と会話をしていましたが 1人の方は兵庫県の姫路の方でしたが もう1人の方は私と同じ名古屋の方でした。その2人組の女性の方々も「大阪でたこ焼き食べるなら ココ『玉屋』だよ!」言っていました。


大阪・天神橋筋6丁目こと「天六」に訪れた際は 是非『玉屋』の絶品の美味しさのたこ焼きをご賞味されてはいかがでしょうか。また お店の方は淀川区の十三にもあるので 十三界隈に訪れた際もお店に立ち寄ってご賞味されてはいかがでしょうか。


ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 2017年9月13日)



玉屋(本店)

大阪市北区国分寺1-3-4

06-6358-0866

[営業時間]11:30〜24:00 お店は不定休です。

玉屋(本店) 食べログサイト

玉屋(本店) 公式ホームページサイト

Googleマップ






Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000