【刈谷】「東洋イン刈谷」の大浴場は600円で浴場のみの利用ができます!

愛知県刈谷市 JR・名鉄刈谷駅南口近くにニュー東洋ホテルが運営するビジネスホテル『東洋イン刈谷』には大浴場が完備されていて宿泊利用客の方々に好評頂いているかと思いますが こちらの大浴場 宿泊利用をしなくても600円(税込)で大浴場を利用することができるんです。私も600円を支払って大浴場を利用してきました。

『東洋イン刈谷』は刈谷駅南口から西へ1分歩いたところにあります。車の場合は 伊勢湾岸自動車道豊明ICより約20分・豊田南ICより約25分 刈谷駅南口交差点北方向すぐです。

JR東海道線の快速列車で刈谷駅やってきた私は 刈谷駅南口の風景を撮影してからホテルへ向かったのです。
正面入口玄関に入るとすぐロビーへと繋がり 真っ正面にフロントカウンターがありますが こちらでスタッフ「大浴場を利用したいのですが」と伝え 代金の600円を支払います。

大浴場は男女入れ替え制となっていて 男性は17:30〜20:00 21:00〜翌1:00 6:00〜9:00の時間帯に利用ができ 女性は20:00〜21:00の時間帯にそれぞれ利用できます。

代金を支払うとフロントカウンターでタオルとバスタオルを無料で用意してくれます。

大浴場は2階にあり 入口には「ゆ」と書いたのれんも掲げています。

脱衣場内には 鏡付き洗面台が設けてあり 洗面台にはヘアドライヤー ヘアトニック シェービング液なども備えて付けてあります。

脱衣場には貴重品が入ったバッグなどが入れられる鍵付きロッカーが設けてないので 貴重品が入ったバッグなどはフロントカウンターに預けけて引き換え札を貰います。但し 小さいスペースの鍵付きロッカーは設けてあります。

そして!私以外 誰もいない時を見計らって浴室内を撮影をさせて頂きました。
ゆったりと湯船に浸かることができる大きな内風呂浴槽が1つと ボディーソープ・リンスインシャンプーが備えつけられたシャワー付きの洗い場といったシンプルな構成となっていて 私もゆったりと浴槽の湯船に浸かり 洗い場で頭や身体などを洗わさせて頂きました。そして さらに奥のガラス扉を開けると屋外の浴槽があります。

その屋外の浴槽がこちら。
壺湯の浴槽で1人専用ながらも夜空を眺めながらゆったりと湯船に浸かることができ 私も夜空を眺めながらゆったりと浸かりました。また 浴槽の奥には「ほってた体をぬるま湯で」と書かれた木製看板があります。

大浴場の湯舟に浸かり ホテルを後にしてからは刈谷駅の自由連絡通路を渡って 駅北口の風景を撮影して JR東海道線で金山駅まで行き 駅南口の居酒屋で晩酌しながら料理を楽しんでいました。

利用できる時間から見ると 男性優遇になってしまうかも知れませんが 刈谷駅界隈でお仕事されていらっしゃる方の仕事後や通勤先などから帰宅する際に刈谷駅を経由される時 刈谷駅界隈の飲食店で晩酌しながら料理を楽しまれる前などに 600円で利用できる『東洋イン刈谷』の大浴場でゆったり湯船に浸かってみてはいかがでしょうか。
但し 飲酒直後に湯船に浸かるのはお控え下さいね。

ということで いい湯でした!

(撮影・調べ・文/PONTA   2018年1月15日)




施設の詳細

[施設名]東洋イン刈谷

[住所]愛知県刈谷市南桜町1-28(Googleマップ

[電話番号]0566-29-1040 [FAX]0566-29-1041

[大浴場利用時間]

(男性)17:30〜20:00 21:00〜翌1:00 6:00〜9:00

(女性)20:00〜21:00        

東洋イン刈谷 ホームページサイト


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000