【伏見】御園座タワー1階にあるお土産品も豊富な食のテーマパーク「御園小町」

名古屋駅と栄の間に位置する オフィスビル・問屋などが立ち並び 芸術と文化の街でもある伏見エリア。
その伏見エリアには 名古屋を代表する劇場で4月1日に新生オープンした「御園座」もある「グランドメゾン御園座タワー」が立っていますが その1階には 観劇を楽しむ「演」食と酒を楽しみ語らう「宴」人々が集う場所の「園」大切なお金・豊かな関係としての「円」そしてそれらを通じてお客さまと出会えた「ご縁」この5つの「エン」が叶う場所として誕生し イートイン・テイクアウト・おみやげコーナーが揃った食のテーマパーク「御園小町」があります。

「御園座」は4月1日にオープンしましたが こちらの「御園小町」は 昨年(2017年)の12月17日にオープンし これから「御園座」に来られて公演を楽しまれる方に加え 伏見エリアにお住まいの方 仕事されている方 私みたいな伏見エリアを通り掛かる方なども利用されています。私も「御園座」がオープンしてからの「御園小町」へ訪れてきました。お店の入口に入ると早速 緑の法被を着たロボット君がお出迎えをしてくれました。

「御園座」の公演を楽しまれる人を中心に賑わっている店内に入って 先ず 右手には 弁当やデリカ商品 御園サンドロール 御園焼などの商品が並べられいて こちらの商品はイートイン・テイクアウトができます。また カウンターでオーダーしてから提供されるフード&ドリンクメニューもあり モーニング・ランチ・カフェ・グリルといったメニューが用意されています。

伏見通歩道側には「御園座」に関したお土産品が豊富に陳列されています。

イートインコーナーもご覧のように用意されていて 私が訪れた時もたくさんの利用客の方々が席に着いてフードメニューやドリンクメニューを楽しんでいらっしゃいました。

イートイン側からのカウンター上部にはワインなどのボトルやグラスが飾られています。

セルフのコーヒーサーバーや画像が無くて申し訳ないですが 同じくセルフのサラダバーもあります。

コーヒーサーバーの横には「御園小町」特製のお弁当が並べられています。こちらのお弁当もイートイン・テイクアウトができ もちろん「御園座」の公演を楽しみながら特製のお弁当を味わうこともできます。

その奥側にはお土産コーナーがあり御園座に関連したお土産品はもちろん 名古屋や東海地区にちなんだお土産品も豊富に取り揃えています。

「御園座」にちなんでお土産品がご覧のように並べられています。

それから ワイン・日本酒・焼酎などのお酒商品も豊富に取り揃えていて ラベルに「御園座」と書かれた商品もたくさんありました。

お酒商品の奥には缶ビール・缶のお酒も含めたデイリー食品が取り揃えられていて 冷凍食品も取り揃えています。「御園座」の公演を楽しむ方以外 近辺でお住まいの方やお仕事されていらっしゃる方 伏見エリアに来てお店に訪れた方にも便利さ感じるのではないでしょうか。

本来なら 店内でランチを楽しみたいところでしたが この日は別のお店でランチをする予定があったので それは何れということで。ただ 何も商品を買わずお店を出るのはちょっと…なので サントリー「角ハイボール」缶を買って お店を出てから口にしました。


新しくオープンした「御園座」の公演を楽しまれる方はもちろんのこと 伏見エリアに来られた際 伏見エリア界隈にお住まいの方やお仕事されていらっしゃる方「御園座タワー」の1階にあり「演・宴・園・円・ご縁」という5つの「エン」が叶う食のテーマパーク「御園小町」に訪れてみてはいかがでしょうか。


(撮影・調べ・文/PONTA 記事更新日/2018年4月7日)






お店の詳細


[店名]御園小町

[住所]名古屋市中区栄1-6-15 御園座タワー1階(➡️ Googleマップ) 

[電話番号]052-218-5490

[営業時間]8:00〜22:00

[定休日]無休

➡️ 御園小町 ホームページサイト


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000