【宇治山田】伊勢市のソウルフードの1番の主役「喫茶モリ」の「モリスパ」を味わう。

さて 今年の2月以来に三重県伊勢市にやってきました。古くから「伊勢神宮」があることから よく「お伊勢さん」と呼ばれている伊勢市のグルメには 赤福餅や伊勢うどんをはじめとした名物グルメがいろいろありますが それに加え 地元・伊勢市民の方々が愛する「伊勢市の3大ソウルフード」といったものもあります。
今年の2月 近鉄宇治山田駅前で 高架下にある「まんぷく食堂」でいただいた「唐揚げ丼」は「3大ソウルフード」の1つになりますが 今回は その1番の主役といって良いでしょう。近鉄宇治山田駅から少し歩いた場所にある喫茶店「喫茶モリ」でいただくことのできるお店特製スパゲティこと「モリスパ」です。以前から気になっていましたが ようやくお店へ訪れていただくことができました。

「喫茶モリ」にやってきました。近鉄宇治山田駅前の通り南へ歩き進み 1つ目の信号交差点を西へ歩み 1つ目の左角を越えた場所にあります。また 伊勢市駅や伊勢神宮外宮からでも歩いて来れる場所で この日の私は 伊勢市駅から歩いてやってきました。

(➡️ Googleマップ


お店内の壁面に掲示されているメニュー表に「モリ特製」のスパゲティとして「モリスパ」が記載されており 普通盛りで550円 大盛りで680円で味わうことができるのです。
(価格は税込です。)

今回 普通盛りでオーダーしましたが オーダーしてから待つこと数分 私の目の前に「モリスパ」が現れ 香ばしさがします。見た目私の住む名古屋市内のお店でも よく見かけるような鉄板ナポリタンではありますが これが 伊勢市民や伊勢市に来られた方々に愛されているメニューなんです。

グツグツ状態のふわふわ感のある玉子に包まれたスパゲティの上には ウインナーとグリーンピースがのっており さらに パルメザンチーズも掛かっています。

そして 麺を口の中へ。少し太めで柔らかめな麺に甘みの効いたケチャップが上手く絡ませて コレが愛される美味しさをしているんです。さらに 麺をふわふわとした玉子を一緒にいただくと美味しさが増しそうになりそうです。 

それから しばらくいただいてから テーブルに備え置かれたタバスコを掛けていただきました。ピリッとした辛さを加えていただくのもホント良いものです。

最後はご覧のように完食を。
税込で550円で美味しくいただくことができて幸せ感満載でもあります。

あとそれから「喫茶スパ」の「モリスパ」ですが 三重県ほタウン情報誌「月刊Simple」の伊勢のソウルフード部門で第1位を獲得しており 三重の殿堂入りグランプリになっているようです。この貼り紙を見た私は「伊勢をはじめ三重の方々にすごく愛されてるんだなぁ」と思いました。

美味しくいただき お店を出た後は 国の登録有形文化財になっている近鉄宇治山田駅のビルをパチリと。その後は 伊勢市駅へ向かい そこからまた 伊勢神宮外宮へ向かう外宮参道の歩きとりっぷをしたのです。


ということで 伊勢市やその周辺にお住まいの皆さんでまだ味わっていらっしゃってない方も 遠方から伊勢に来られた方 是非 伊勢市のソウルフードの1番の主役である「喫茶モリ」の特製スパゲティ「モリスパ」を味わってみてはいかがでしょうか。
ごちそうさまでした!美味しかったです!


 (取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2018年10月24日)




訪れたお店の詳細

[店名]喫茶モリ

[住所]三重県伊勢市岩渕1-15-10(➡️ Googleマップ

[電話番号]0596-25-1729

[営業時間]10:00~20:00(LO. 19:00)

[定休日] 月曜日

➡️ 喫茶モリ 食べログサイト


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000