【四日市】喜多方ラーメン「小法師・四日市駅前店」で「焼豚ラーメン」を味わう!

「東北の蔵の里」と呼ばれる福島県喜多方市にはご当地ラーメン「喜多方ラーメン」があり 喜多方市界隈には約120店舗お店があると言われます。その約120店舗ある中の1つ「坂内食堂」は喜多方ラーメンの御三家とも言われており 特に週末や祝日は行列ができてしまう人気となっているお店ですが そのラーメンを本家以外でも味わえることができるように 首都圏を拠点に岩手・甲信越・東海・関西・四国の各エリアに「坂内」「小法師」というお店名で喜多方ラーメンのお店を展開しています。
それで 東海エリアでは名古屋市内には無いのですが 愛知県豊川市に「小法師」三重県四日市市に「坂内」「小法師」がありますが 名古屋駅から電車で行きやすいお店になると近鉄四日市駅前にある「小法師・四日市駅前店」になります。何年か前に何度か訪れて喜多方ラーメンをいただいたことがありますが 久々にいただきたいと思い 名古屋駅から近鉄線で四日市駅まで向かって お店へ訪れて 基本メニューの1つ「焼豚ラーメン」をいただいてきました。

ということで 近鉄四日市駅前にある喜多方ラーメンのお店「小法師・四日市駅前店」にやってきました。近鉄四日市駅北改札口からであればふれあいモールをアピタや四日市都ホテルのあるビル方向へ歩き進み1つ目の角を南へ入った場所にお店があります。

(➡️ Googleマップ


私がお店へ訪れた日は日曜日の夜でしたが 多くのお客の方々に賑わっていました。

そして お店1番の基本となるメニューがこちらの「喜多方ラーメン」と「焼豚ラーメン」です。「喜多方ラーメン」でもチャーシュー5枚にネギ・メンマがのっており 650円(税込)というリーズナブル価格のチャーシュー麺を味わうことができますが でもココはやっぱり チャーシューをガッツリイッてしまわないということで「焼豚ラーメン」をオーダー。さらに麺も大盛りでオーダーで。

オーダーして待つこと数分「焼豚ラーメン」の麺大盛りが私の目の前に。麺が全く隠れている形で10枚を超える量のチャーシューがのっておりボリューム感満載です。
(価格は税込で1090円です。)

先ず ラーメンのスープは鶏ガラを使ったあっさり醤油スープのようにも見えますが 実は 透明感に仕上げた豚骨スープで あっさり感たっぷりで豚骨出汁の旨味が効いており 最後まで飲み干せやすい味になっております。

10枚を超える枚数がのったチャーシューはトロ旨チャーシューと呼ばれ 実際に口にしてもトロける食感で ラーメンだけに限らず ご飯やビール・お酒の肴にもすごく合うかと思います。

こちらのお店では ラーメンをオーダーする際 細麺か太麺のどちらかを選ぶ形になりますが この日は太麺を選んでオーダーしました。ちなみに使われている麺は平打ち熟成多加水麺という麺で もっちり感があり スープとも良い絡みをした味でもあります。

すごく久しぶりにいただいたのもあったか オーダーした「焼豚ラーメン」はスープまで飲み干して完食を。お腹パンパンになりました。

「小法師・四日市駅前店」へ訪れて 基本メニューの1つ「焼豚ラーメン」を美味しくいただきましたが こちらのお店ではトッピングしたラーメン・味噌ラーメン・塩ラーメンといったラーメンメニューや セットメニュー・サイドメニューも用意されております。
同じ四日市市内に「坂内」が 愛知県豊川市内に「小法師」もありますが 今回訪れた「小法師・四日市駅前店」は 電車で行きやすいのはもちろん 何といっても名古屋駅からでも1本で行けますからね。
ごちそうさまでした!美味しかったです!

(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2018年12月1日)




訪れたお店の詳細

[店名]小法師・四日市駅前店

[住所]三重県四日市市安島1-2-20(➡️ Googleマップ

[電話番号]059-355-6455

[営業時間]平日/11:00~23:00(LO. 22:30)

      日祝日/11:00~22:00(LO. 21:30)

[定休日]水曜日

➡️ 喜多方ラーメン坂内・小法師ホームページサイト

➡️ 小法師・四日市駅前店食べログサイト


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000