【浜松】JR駅構内「石松JR浜松駅店」で「静岡麦酒」と「石松餃子」で浜松餃子乾杯!

愛知県蒲郡市・三谷温泉の温泉ホテルで宿泊をした後はJR東海道線で徳川家康・井伊直虎のゆかりの地でもある静岡県浜松市へとやってきましたが その浜松市へやってくる度に 私的にご当地B級グルメの「浜松餃子」で乾杯で美味しい餃子で乾杯したくなるのです。
今回も「浜松駅界隈で浜松餃子乾杯をしよう!」ということで 昨年(2018年)4月に訪れた JR浜松駅構内「メイワンエキマチウエスト」1階内にお店を構える元祖「浜松餃子」のお店「石松JR浜松駅店」へ訪れて乾杯してきました。

そして お店で提供される生ビールですが 昨年(2017年)4月にお店へ訪れた際は キリン「一番搾り」生となってましたが 今回は サッポロが静岡県で作り静岡県内でいただくことができるビール「静岡麦酒樽生」が提供されておりました。もちろん「コレは絶対にいただかないと!」ということで その「静岡麦酒」樽生を「石松餃子」と併せて乾杯を楽しんだのです。


「石松JR浜松駅店」は JR浜松駅内中央通路西側にある「メイワンエキマチウエスト」内の一角にあります。この日も多くの方々が美味しい「石松餃子」をはじめとしたメニューを求めにお店の外まで行列ができてました。

(➡️ Googleマップ


行列に並んでいる最中にお店のメニューが渡され その中に「静岡麦酒」樽生が記載されており「石松餃子」と併せてオーダーすることに。


お店内に入り 席に着き 待つこと数分 私の目の前に「静岡麦酒」樽生(580円 税込)が。ジョッキにもラベルが描かれてます。

改めて「静岡麦酒」についてですが 静岡県民の方々の声を聞きながら創られ ファインアロマホップを使用し爽やかさを実現し 上質でまろやかな味わい 富士山の雪をイメージしたクリーミーな泡 さらにクリアな後味をしたビールで 静岡県の食材や料理にもピッタリな味わいです。

実際にいただいいてみて クリーミーな泡にスッキリ爽やかで苦みを抑えており すごくいただきやすい味で サッポロビールの方々と静岡県民の方々に脱帽したいです。


そして「静岡麦酒」と併せてオーダーした元祖「浜松餃子」こと「石松餃子」15個(900円 税込)が私の目の前に。5個ずつ並んだ餃子は香ばしく焼き上げられ見ただけで美味しさが漂います。また「石松」の餃子には食材にもこだわりがあり 季節によって産地を厳選したキャベツ 地元遠州産の豚肉 食感がやみつきになるモチモチの皮 甘みのある特製酢醤油が使われた独自のタレといったこだわりの食材が使われてるのです。


もやしもご覧のようにきちんと付いております。


外はカリッとモッチリで中はふっくらであっさりな食感の餃子を ラー油を含まれたタレに漬けて美味しくいただきましたが もちろん ナイスな味で「静岡麦酒」との相性も抜群です。また 最初の1つはタレに漬けずにそのままでいただきましたが キャベツで餡の甘みを出しているのも特徴的な感じでもあります。


久々の「石松餃子」に出会うことができ 新しく「静岡麦酒」に出会うことができて 良い「浜松餃子」乾杯になりました。浜松市民の皆様も 浜松に来られた皆様も「石松」で元祖「浜松餃子」と併せて「静岡麦酒」で乾杯されてみてはいかがでしょうか。但し 20歳未満の方が「静岡麦酒」を口にす行為と一気飲み行為は厳禁です。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年1月19日)




訪れたお店の詳細

[店名]石松JR浜松駅店 

[住所]静岡県浜松市中区砂山町6-1 メイワン エキマチウエスト1階(➡️ Googleマップ) 

[電話番号]053-415-8655

[営業時間]11:00〜22:00(LO. 21:30)

[定休日]無休

➡️ 石松JR浜松駅店 食べログサイト

➡️ 石松餃子 ホームページサイト

➡️ 静岡麦酒についての詳しいサイト(サッポロビールホームページより)


Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000