【岐阜】岐阜横丁2階フロア内「kitchen酒場ツムギボシ」で感謝皿とハイボールセットで乾杯!



8月のお盆の真っ只中 大阪日帰り街とりっぷをした翌日の夜は 岐阜市はJR岐阜前から繋がる玉宮通りへとやってきて 昨年(2018年)11月にオープンした5階建て日本最大級のグルメ横丁の岐阜横丁へ訪れて 1階フロアから5階フロアと屋上フロアの模様を拝見させて頂いた私ですが もちろん 館内へ訪れたからには乾杯しながら美味しいものを味わなければあかんでしょということで 館内にある2軒のお店をハシゴという形で 1軒目は2階フロア内にある刺身だけが安いお店「とろやす」で ハイボールで乾杯しながらローストビーフを味わってきましたが その後は同じ2階フロア内にある横丁店舗へ訪れて乾杯を楽しんだのです。


その2軒目はこちらの横丁店舗。習字書きで大きく横丁酒場と書かれた看板を掲げた「kitchen酒場ツムギボシ」。こちらで乾杯タイムを楽しむことに。

ビール・お酒などのドリンクメニューとジャンルにこだわらずにドリンクによく合う料理メニューを豊富に用意され 消費税は別途発生するものの お通し・チャージ料は一切無しといったアットホーム感たっぷりなネオ大衆居酒屋のお店です。また お店には 料理メニュー名が書かれたものがたくさん掲示されておりメニューの豊富さをアピールしてます。


お店内に足を踏み入れてカウンター席に着いた私は 早速と超炭酸ジムビームハイボール(390円)をオーダー。さらに 本日の感謝皿と書かれたメニューを発見。こちらは毎日日替わりかと思いますが 訪れたこの日はしらすやっこで こちらが100円で味わうことができるのでそれをオーダーすることに。

(価格は税別です。)


こちらが超炭酸ジムビームハイボールです。ハイボールはお店のロゴが描かれたオリジナルグラスでの提供され 少なからず多からずの程良い氷量で 強い炭酸とジムビームのウイスキーの味が効いており爽快感な飲み応えがあります。


ハイボールと併せてオーダーした感謝皿のしらすやっこです。最初から醤油がか掛かっておりながらもふわっとした絹こし豆腐の上にしらす・ねぎ・おろし生姜・鰹節がのっておりハイボールともよく合う美味しさの味です。


そして 次に目を付けたメニューはこちら。「ビームハイボールの爽快感と料理との相性が 絶品です。と書かれながら 980円(税別)というお値打ち価格で乾杯しながら味わうことができるハイボールセットです。もちろん それをオーダーすることに。


こちらは オーダーしたハイボールセットです。超炭酸ジムビームハイボールに チューリップ唐揚げ・豚のどて煮・もやしナムル・バケットののったプレートが付いてきて 見ただけですごくお値打ち感があります。


チューリップ唐揚げは醤油仕立てで 程良い脂ののったジューシーな食感で ハイボールとの相性が抜群を感じさせ まさに「ハ・イ・カ・ラ」と言わせた美味しさの味です。


豚のどて煮はペースト風に仕上がっており お店のHPを拝見したところ 豚の軟骨や胃袋・スネ肉・腸などを使って 炒めた玉ねぎの甘みと八丁味噌で仕上げたようですね。実際に味わってみて 甘みが含まれた味噌の味が効いたコクのある美味しさで そのままで味わうことができれば ご覧のようにバケットのせて味わうことができます。

それから もやしナムルもシャキシャキな食感で 程良いピリ辛感とさっぱり感を合わせた美味しさの味です。


「kitchen酒場ツムギボシ」で乾杯タイムを楽しんで 岐阜横丁を離れた後は玉宮通りの散策をしながらもう1軒別のお店へ訪れて乾杯タイムを楽しんでから名古屋へ帰りました。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年8月24日)




 訪れたお店の詳細

[店名]kitchen酒場ツムギボシ

[住所]岐阜市長住町4-7 岐阜横丁ビル2階

[営業時間]17:00~24:00(LO. 23:30)

[定休日]不定休(主に日曜日)

➡️ kitchen酒場ツムギボシホームページサイト



名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000