【四日市】喜多方ラーメンのお店「小法師四日市駅前店」で夏季限定の冷やしラーメンを味わう!



8月25日の日曜日のお昼過ぎ 名古屋から近鉄電車を利用して三重県四日市市・近鉄四日市駅北口へとやってきました。駅北口の前の通りは近鉄百貨店の一角であるふれあいモールとなっており飲食店・衣料店が立ち並び ビジネスホテルのホテル三交イン四日市も立ってます。

駅北口前へとやってきた私は ふれあいモールを西方向へ歩き進み ホテル三交イン前の南角を入って歩き進んだ場所にある喜多方ラーメンのお店「小法師(こぼし)四日市駅前店」へとやってきました。
首都圏を拠点に岩手・甲信越・東海・関西・四国の各エリアに展開した「坂内」の系列店となる「小法師」は 福島県・会津の喜多方喜多方ラーメンの御三家とも言われた「坂内食堂」の味が美味しく味わえ その喜多方ラーメンメニューやサイドメニューが豊富に用意されたお店です。もちろん ラーメンのトッピングメニューも用意されてます。

それで 今回ですが この時期はまだまだ厳しい残暑の日々 となると冷たい麺が求めたくなることがありますよね。「坂内」「小法師」では和風冷やしラーメンというメニューが用意されており「小法師四日市店」でも味わうことができます。ということで お店へ訪れて和風冷やしラーメンを味わってきました。

お店へ足を踏み入れて席に着いた私は 早速と和風冷やしラーメンをオーダー。オーダーしてから数分後 和風冷やしラーメンが私の目の前に。
スープと麺の上にネギとメンマをのせた器に別皿でお店特製のトロ旨チャーシューとワサビが付いてきて お値段は税込で780円。

しかし 本来であれば別皿のチャーシューは5枚なのですが 実は3枚トッピングをしたので税込1040円となります。ここのチャーシュー すごく好きな私でもあるのです。

和風冷やしラーメンとあって スープの中は氷が入ってます。

そして 氷も入ったスープからいただきます。
メニュー表に「かつおダシの冷たいスープでさっぱりと。」と書かれてましたが まさにその通り。程良く効いた鰹の出汁と醤油の味が上手く絡んだ味に仕上がっており 氷が入っていることからより冷んやりさを感じます。

麺は太麺と細麺のどちらかをセレクトするということで 私は太麺をセレクト。ちなみに平打ち熟成多加水麺という麺が使われてますが もっちり感のある麺で 普通の喜多方ラーメンに加え和風冷やしラーメンとも相性は抜群。

チャーシューは 醤油の味を染み込ませながらトロけそうなジューシー感をした美味しさの味に仕上がっており 最初の1枚はそのままでいただきました。
うん 美味しい。

残りのチャーシューはラーメンのスープに付けていただきましたが このトロ旨チャーシュー ご飯のおかずやビール・お酒などのドリンクのアテとしていただきたいですね。

最後はご覧の通り。スープまで飲み干しての完食。

お店を離れた後は近鉄四日市駅界隈の散策へと向かった私でした。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(取材・撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年8月28日)




訪れたお店の詳細

[店名]小法師四日市駅前店 

 [住所]三重県四日市市安島1-2-20

[電話番号]059-355-6455 

[営業時間]平日/11:00~23:00(LO. 22:30)

      日祝日/11:00~22:00(LO. 21:30) 

 [定休日]水曜日

➡️ 喜多方ラーメン坂内・小法師ホームページサイト

➡️ 小法師四日市駅前店ぐるなびサイト




名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000