【名古屋駅】濃コク塩とんこつラーメン店「麺屋壱」で濃厚つけ麺チャーシューを味わう!



とある金曜日の夜 名古屋駅界隈はミッドランドスクエア南東裏側前交差点にやってきました。この辺りもオフィスビルに加え乾杯を楽しめるお店が立ち並び その上に金曜日の夜とあり仕事終わりの方々を中心に多くの人賑わいをしてました。また 私の立ってる場所から向かって右先には三井ガーデンホテル名古屋プレミアもあるシンフォニー豊田ビルが立ってます。

そして 立ってる交差点前から名鉄バスセンタービルから国際センター前交差点へ繋がる通りをシンフォニー豊田ビルや名駅4丁目交差点を過ぎた場所まで歩き進むと「麺屋壱」のというラーメン店の姿を目にします。

お店出入口玄関横にメニュー板が立ってるのですが それを目にすると1番のメインは濃コク塩とんこつラーメンとなってるようですね。しかし 私はつけ麺も好きとあって濃コク塩とんこつラーメンの下に記載されてる濃厚つけ麺がすごく気になりました。
つけ麺は税込900円で味わえる基本タイプの濃厚つけ麺とチャーシューを増した税込1000円で味わえる濃厚つけ麺チャーシューの2種類ありますが 私はつけ麺チャーシューを味わってみようと思いお店内へと足を踏み入れたのです。

お店内は小規模的(=こじんまりとしたお店内)となっており全席カウンター席となってますが 新しさを感じさせた和風モダン的な空間をしてます。

こちらの「麺屋壱」は現金オンリーの食券制となっており お店内に足を踏み入れた私は食券券売機に1000円札を投入して濃厚つけ麺チャーシューの食券を購入しました。ちなみに麺は温かい麺と冷たい麺が用意されており この日の私は冷たい麺の方で。

カウンター席に着き食券をお店スタッフの方に渡してから10分後 先ずは小型陶器鍋に盛り付けられたスープが私の目の前に。良い泡立ちをしてるのに加え軽く胡椒が掛かってます。

そして 麺にチャーシュー(6枚)・煮卵・海苔・ネギが盛り付けられたプレートが私の目の前に。

小型陶器鍋に盛り付けられたスープとプレートに盛り付けられた麺・具を併せながらパチリと。見た目に品が感じてしまいます。

パチリと撮った後はスープの味見を。胡椒も含まれた塩がしっかり効き 豚骨と魚介による2つの出汁も良い感じで効いており まろやかさも出しながら濃厚さある美味しさの味と言って良いスープに仕上がってるのです。

スープの味見の後はいよいよ極太の麺をスープに漬けていただくことに。もっちり感をしながら歯応えある麺とスープが上手く絡み合った美味しさの味です。ちなみに麺は林製麺のものが使われてることから「美味しくない訳がないでしょう!」といった気分にも。

チャーシューは豚レアチャーシュー。ほんのり塩胡椒が効きながら程良い脂ノリとジューシー感たっぷりの仕上がりに。そのままスープに漬けて麺と併せていただいて美味しさの味を感じるのはもちろん スープに漬けずにそのままでいただいても美味しさの味が感じそうです。

ホクホク感たっぷりの煮卵はスープに漬けて美味しくいただきました。

塩の味が濃い感じになった場合 または 辛さを増したい方は スープ割りや唐辛子味噌も席上に用意されてます。

私もこのようにスープの中にスープ割りや唐辛子味噌を入れてみました。あっさり感やスパイシー感がより増した味になります。

最後はご覧のようにスープまで完飲しての完食を。完食してお店から離れた後はJR名古屋駅へと向かい そこからJR線を利用して自宅へと帰ったのです。

皆さんも名古屋駅界隈でつけ麺を味わいたくなられた際は「麺屋壱」の濃厚つけ麺・濃厚つけ麺チャーシューも是非味わってみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年10月5日)




訪れたお店の詳細

[店名]麺屋壱

[住所]名古屋市中村区名駅4-2-15

[電話番号]052-551-7277

[営業時間]11:00〜14:30

      17:00~24:00

[定休日]日曜日

➡️ 麺屋壱ぐるなびサイト



名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000