【名古屋駅】「磯丸水産名駅3丁目店」でランチメニューのまぐろユッケ丼を味わう!



気持ちの良い青空をしたお昼のランチタイム時間帯に名古屋駅界隈の一角である名駅3丁目へとやってきました。今回 私が立ってる場所は桜通とミッドランドスクエア裏側から繋がる通りと交わる交差点角になります。


立ってる場所から歩道を少し北方向へと歩き進んだ場所に「磯丸水産名駅3丁目店」の姿が目にします。
「磯丸水産」といえば首都圏をメインに関西圏や福岡 そして私の住む名古屋市内に展開し 24時間(※1)好きな時間帯に美味しいお酒などのドリンクで乾杯しながら美味しい海鮮料理が楽しめる海鮮居酒屋チェーンです。
(※1 首都圏・関西圏の一部のお店ではお昼から深夜までの営業となる店舗もあります。)

そして 11時から17時まではお昼のランチタイムとして海鮮ネタを使った丼によるランチメニューも用意されており お店出入口玄関前にはランチメニューが記載されたメニュー板が立っておりますが そのメニュー板の中に680円+消費税で味わえるまぐろユッケ丼が記載されてるのを目にしました。
ということで お店内へ足を踏み入れて そのまぐろユッケ丼を味わうことにしました。

テーブル席・カウンター席が用意されたお店内へと足を踏み入れると多くの方々で賑わっていました。ちなみに日曜日のお昼に訪れたとあってランチメニューを味わっていらっしゃる方に加え 昼飲みとしてビール・お酒などのドリンクで乾杯しながら料理メニューを味わっていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいました。ちなみに17時まではビール・お酒などのドリンクも17時以降の時間帯よりもお値打ち価格で乾杯しながらいただけるのです。

お店内へと足を踏み入れてカウンター席に着いたとともにまぐろユッケ丼をオーダーした私ですが その着いたカウンター席にもランチメニューのファイルがきちんと予め用意されており そのファイルにもまぐろユッケ丼が記載されております。

オーダーしてから約3分後にまぐろユッケ丼が私の目に。漬けまぐろの刺身に卵黄ものったマグロユッケの丼で みじん切りされた青ねぎも掛かっておりボリューム感たっぷりです。

それから まぐろユッケ丼と併せて生海苔味噌汁(100円 税別)をオーダーして私の目の前に。赤だしではありませんが 出汁の効いた味噌汁と生海苔がすごく良いマッチングなのです。

まぐろユッケ丼と生海苔味噌汁を一緒にした形でパチリと。

パチリとの後は早速 丼の漬けまぐろ刺身を。漬けまぐろの刺身ですが ラー油に漬けられており そのままでいただいても醤油を掛けていただいても美味しく味わえます。まぐろ刺身は肉厚感ありながら程良い脂ノリとジューシー感をしてます。

まぐろユッケは醤油を掛けて卵黄とかき混ぜました。

かき混ぜた形でいただきましたが トロけ感と醤油の味が上手く絡んだ美味しさの味でご飯はもちろんのこと ビール・お酒などのドリンクがより進ませてくれる感じになります。

ご飯は少し温かみがありながらのお寿司などで使われる酢めしとなってますが コレがまたネタと良いマッチングなのです。

最後はご覧の通り完食を。

完食をして代金を支払い お店から離れた後は名古屋駅界隈をプラプラとしていたわたしです。ちなみに「磯丸水産」はPayPay支払いでの利用が可能となっており 私はそのPayPay支払いでの利用さました。
ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年10月7日)




訪れたお店の詳細

[店名]磯丸水産名駅3丁目店

[住所]名古屋市中村区3-26-5

[電話番号]050-3314-4388

[営業時間]24時間営業

[定休日]無休

➡️ 磯丸水産名駅3丁目店ぐるなびサイト

➡️ 磯丸水産名駅3丁目ホームページサイト




名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000