【難波(大阪)】立ち呑み酒場「赤垣屋なんば店」でお昼乾杯しながら天盛りまぐろを!



10月19日の土曜日 名古屋駅から近鉄特急で大阪難波駅へとやってきました。今回 大阪へやって来た目的はこの日の18時から心斎橋にあるライブハウスでライブを観ることでした。

難波に到着した時間が12時50分頃とあったことと宿泊するホテルのチェックイン開始が15時からとあって それまでは難波でお昼乾杯を楽しもうと思い 難波センター街商店街へとやってきました。

そして 私の立ってる場所すぐ角の場所には立ち呑み酒場のお店「赤垣屋なんば店」の姿を目にしたのでお店前に近づいてみると お店内では立ち呑みスタイルとして乾杯タイムを楽しまれてるお客の方々の光景を目にしました。
その光景を目にした立ち呑み酒場好きでもある私は「ヨシッ!今日のお昼はココでお昼乾杯しよ!」という形でお店へ訪れてお昼乾杯タイムを楽しむことにしました。

その「赤垣屋」ですが 今回訪れたなんば店のすごく近くのテーブル席・半個室席が用意された居酒屋としての本店と回転寿司のお店を構え 難波を含めた大阪市内に立ち呑み酒場のお店を展開しており その1つとして 今回訪れことになった難波センター街商店街内に構える「赤垣屋なんば店」があるのです。また「赤垣屋なんば店」は今年(2019年)7月に建物を改装してのリニューアルオープンも行いました。
それで実はこちらのお店 今年になりますが 過去に2度程 夜の時間帯に訪れて乾杯タイムを楽しんだことがあるのですが その模様を『Pon-Po(ポンポ)』でお届けすることができずでしたが 今回 お昼の時間帯に訪れながらもようやくお届けができる形となりました。

お店内に足を踏み入れると ご覧のように お昼の時間からミドル世代以上の男性を中心に多くの方々が立ち呑みスタイルとして気軽な乾杯タイムを楽しまれていらっしゃってました。

席上の上部には豊富に用意されたドリンクメニュー・料理メニューがこのように掲示されてるのですが 価格を見てみると多くののメニューが1品辺り税込400円以内とあって すごく気軽さを感じ せんべろとしての乾杯タイムにもすごくオススメしたいお店です。

カウンター席に着いた(と言っても立ち呑みなので立ったままですが)私 先ずはメニューを目にしながらラッキーハイボール(275円)で乾杯しながら冷奴(164円)を。
キリンから発売されてるオーシャンラッキーゴールドのウイスキーを使ったハイボールで 程良い氷量で爽快感もありながら飲み応えがあります。また ネギと鰹節がたっぷりのった冷奴は醤油を垂らしていただいてみると良い絡みでしながらさっぱり感とふわっと感をさせてるのです。
(価格は税込です。)

ラッキーハイボールと冷奴が目の前に現れた直後に塩ダレキャベツ(164円 税別)を。新鮮さを感じながらシャキシャキ感たっぷりで塩ダレもしっかりと効いてます。

過去に2度訪れて 今回は3度目の訪れとなるのですが こちらのお店へ訪れると必ずと言っても良いぐらいいただきたくメニューがこちら。お店おススメメニューとなってる天盛りまぐろです。まぐろをたくさん楽しんでいただきたいとあって天盛りに盛り付けたことからこのメニュー名が付けられたとのことです。まぐろの刺身がコレだけ盛り付けられており わさび・ワカメも付いておりながら価格が税込で399円は優秀なリーズナブル価格という実感です。

実際にわさび醤油に漬けていただいてみると 肉厚感・新鮮さ・程良い脂ノリ・ジューシー感が上手く絡み合っており ビール・お酒などのドリンクがより進ませてくれます。また 白いご飯にもよく合うかと思います。
それから 天盛りまぐろをいただきいてる最中にラッキーハイボールをおかわりしました。

この日のオーダーは以上ということで代金の合計金額は税込1297円になるはずでしたが 恐らく 税抜価格での計算か1円単位は切り捨てされてるかのどちらかで請求金額は1290円でした。ちなみにPayPay利用可能とあってPayPay利用で支払いました。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年10月25日)





訪れたお店の詳細

[店名]赤垣屋なんば店

[住所]大阪市中央区難波3丁目1-32

[電話番号]06-6641-3384

[営業時間]平日・土曜日/10:00~22:30(LO. 22:15)

      日曜日・祝日/10:00〜22:00(LO. 21:45)

      (2階フロア)

      平日は17:00より営業

      土曜日・日曜日・祝日は10:00より営業

[定休日]無休

➡️ 赤垣屋なんば店ぐるなびサイト

➡️ お店についての詳しいサイト(赤垣屋HPサイトより)



名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000