【大須】元祖とりカツのお店「なごみとり」で味噌カツ・手羽先が味わえる名古屋定食を!



土曜日のお昼のランチタイム時間帯に中区・大須でランチタイムを楽しもうと思い万松寺通り商店街へとやってきました。グルメ・ファッション・雑貨などのお店で埋まった万松寺通り商店街は土曜日とあって多くの人賑わいをしてました。


それで 私の立ってる場所から向かって左には元祖とりカツのお店「なごみとり」の姿を目にしました。今回はこちらのお店へ訪れてランチタイムを楽しみたいたいと思います。


元祖とりカツのお店「なごみとり」は お昼のランチタイム時間帯は 秘伝のしょうゆソースでいただくお店名物の元祖とりカツの定食をはじめとした定食メニューを楽しめる定食屋として ランチタイム以降の時間帯は乾杯タイムは 新鮮な錦爽鶏を使った串カツ・串焼き・なごみどり流鶏料理が自慢のチョイ飲み居酒屋として 手羽先の唐揚げや味噌串カツといった名古屋の味にお得なセットやおつまみもり揃えており 早い時間からおひとりさまでチョイと一杯からペア・グループでの乾杯を楽しむことできるお店となっております。

こちらのお店 実は初めて訪れた形となり 本来ならお店の看板メニューとなるしゅうゆソースを掛けていただく元祖とりカツ定食をいただきたかったところでしたが 名古屋めしをいただいたことを表そうと思いメニュー表で見つけたのが税込1200円で味わうことのできる名古屋定食です。こちらをオーダーしていただくことにしました。

オーダーしてから約10分後 名古屋定食が私の目の前に。味噌カツと手羽先という名古屋名物2種類が付いた定食が税込1200円であじわえるのは豪華さを感じてしまう私です。

名古屋名物となる味噌カツをアップを。
その味噌カツはもちろんお店で使われてるカツは三河地鶏を使ったものカツになります。

もう1つの名古屋名物となる手羽先をアップ。

こちらも三河地鶏が使われたもので 手羽先といえばカラッと揚げられたものが出されるかと思いますが こちらのお店では煮込まれたものが出されるのです。


メニューをパチリと撮った後 早速と味噌カツを味わいましたが 赤味噌の味噌ダレと揚げたてアツアツでサクッとジューシー感が上手く絡み合ったで ビールやお酒などのドリンクによく合うかと思います。また このとりカツはお店の話によるとおばあさんでも噛みやすいとも言われてるようですだ 確かにその通りです。


味噌カツを味わった後は手羽先を味わうことに。
実際に味わってみて トロけた感じの食感と甘辛の旨煮つゆが上手く絡まった美味しさの味です。

名古屋定食とあることから味噌汁は赤だしの味噌汁が出てくると思いきや合わせの味噌汁が。しかし さっぱりとしながら良いだしの効いた美味しさの味をした味噌汁です。


最後はご覧の通り完食を。


完食してお店を出た後は万松寺通り商店街を西方向へ歩き進み白川公園を経由しながら伏見方面まで歩き進んだ私です。

今回は味噌カツと手羽先による名古屋定食をいただきましたが 次回はしょうゆソースを掛けていただく元祖とりカツをいただきたいと思います。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年11月3日)





訪れたお店の詳細

[店名]なごみとり

[住所]名古屋市中区大須3-33-1

[電話番号]052-241-6575

[営業時間]平日・土曜日/11:00~23:00(LO. 22:00)

      日曜日・祝日/11:00~23:00(LO. 22:00)

[定休日]不定休

➡️ なごみとりぐるなびサイト

➡️ なごみとりホームページサイト


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000