【大須】フィギュア選手が愛する食堂「互楽亭」で真央ちゃんチャーハンを味わう!



雲の無い綺麗な青空をしたお昼のランチタイム時間帯に中区・大須の一角となる西大須交差点へとやってきました。大須通と伏見通(国道19号)が交わる交差点で すぐ近くには大須観音があり もう少し北へ歩き進むと地下鉄大須観音駅の出入口があり さらに交差点南東角にはフィギュアスケート選手でお馴染みの伊藤みどりさん・浅田真央さん・村上佳菜子さんたちがフィギュアスケートの基礎を学んだ場所である名古屋スポーツセンターがあります。

そして 交差点北東角前の場所には老舗大衆食堂「互楽亭」の姿があります。

麺類・ご飯類・定食・一品料理にランチといった料理メニューが豊富に用意されてるのですが 私がお店出入口前に目にしたのは真央ちゃんチャーハンというメニューです。今回はお昼のランチタイムとしてお店へ訪れてその真央ちゃんチャーハンを味わうことにしました。

「互楽亭」は1933年創業とあって85年以上経つ老舗大衆食堂でお店内は古き良きさのある空間に包まれてます。また 名古屋スポーツセンターからすぐ近くとあって なんと 伊藤みどりさん・浅田真央さん・村上佳菜子さんをはじめとしたフィギュアスケート選手の方がよく来られてたフィギュアスケート選手が愛する老舗大衆食堂でもあるのです。そして 席に着いた私は早速と真央ちゃんチャーハンのオーダーをしたのです。

そのオーダーした真央ちゃんチャーハン 元々はチャーハンとしてメニューに出されていたのですが浅田真央さんが名古屋スポーツセンターでフィギュアスケートの基礎を学んでいた小学校4年生の頃から「互楽亭」へ通っていらっしゃったようですが 必ずオーダーされてたメニューがそのチャーハンで浅田さんがお店へ訪れると「チャーハン下さい!」という声がお決まりだったようで 彼女がオリンピックでメダルを獲得するなどの偉業を成し遂げたこともあり メニュー名をチャーハンから真央ちゃんチャーハンになり今では看板メニューにもなってるとのことです。


そして オーダーをして数分後 お待ちかねの真央ちゃんチャーハンが私の目の前に。

価格は玉子とネギの入ったおすまし付き税込で750円ではありますが この日は大盛りでオーダーしたので200円増しの950円となります。


チャーハンの部分をアップ。

そのチャーハンには 玉子とネギに細くカットされたチャーシュー・ハム・かまぼこと入っており具だくさんさを感じます。


そして チャーハンを味わうことに。こちらのお店ではスプーンを使って味わうのですが 実際に口の中に含むとアツアツ感と程良い塩と醤油の味が効いており 確かに浅田さんがいつ味わっても納得する美味しさの味と看板メニューとしての相応しさをすごく感じさせてくれます。


それから おすましも濃口醤油を使いながらもダシも効いたさっぱり感で これまたチャーハンと良いマッチングさを感じさせてくれるのです。


最後はご覧ように完食を。


完食後 代金を支払いお店から離れた後は西大須交差点から伏見通西側歩道へと渡り そこから来た方向へと歩き進み 次の目的場所へと向かったのです。

それにしても 今回「互楽亭」で味わった真央ちゃんチャーハン 看板メニューに相応しさを感じさせる美味しさの味ですので お近くの方はもちろん 大須に来られた時の食事の際は是非味わってみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2019年11月11日)





訪れたお店の詳細

[店名]互楽亭

[住所]名古屋市中区大須2-24-28

[電話番号]052-231-0505

[営業時間]11:30~14:00

      17:30~21:00(LO. )

[定休日]月曜日 第1・第3火曜日

➡️ 互楽亭ぐるなびサイト



名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000