【新京極(京都)】老舗大衆食堂「京極スタンド」で乾杯しながらオムレツを!

京都市中京区は新京極通り内にある老舗大衆食堂「京極スタンド」へ訪れて 乾杯しなからオムレツを味わった模様をお届けしていきます。

(広告PR) 


叡山電車の観光列車「ひえい」に乗り込んでの乗り鉄を楽しみ その後 市バスで三条京阪前までやってきながら三条大橋からの夕暮れの鴨川の模様を望んだ後は 高瀬川もながれる木屋町通りや四条河原町交差点の街並みを目にしながら新京極通の入口へとやってきましたが アーケードに覆われた商店街とあって多くの方々ですごく賑わっていました。

その新京極通 調べてみると 1872年に京都府参事槇村正直によって作られた通りで かつては広大な寺域を誇った時宗十二派の四条派の金蓮寺が 18世紀末から寺域の切り売りをはじめ 明治以前に売却地に料亭・飲食店・商店・見世物小屋が建っており 一つ隣の寺町通(寺町京極)に集まる寺院の境内が 縁日の舞台として利用されるようになり 人が多く集まったため 各寺院の境内を整理し 寺町通のすぐ東側に新しく道路を造ったのが新京極通のはじまりとにことで 明治の中頃には見世物小屋や芝居小屋が建ち並び 現在の繁華街の原型ができたようです。

た。


そして 私は その新京極通り内でお酒で乾杯しながら美味しい1品を味わえるお店を探してみることにして 探して目にした結果のお店がこちら。「京極スタンド」です。

その「京極スタンド」は 多くのお客の方々に愛されながら お昼の時間帯からお酒などドリンクで乾杯も楽しむこともできる昭和初期の1927年に創業した老舗大衆食堂のお店で お店外観が昭和の雰囲気が漂います。

お店内へ足を踏み入れればご覧の通り。お店内も昭和初期の雰囲気を漂わす空間に満席に近い程 席が埋め尽くされており「人気老舗店の1つなんだ」という実感。客層は比較的には中高年の方々が多いのですが もちろん 若い方もいらっしゃいました。また 私がお店へ訪れた時は若い女性2人組だけで乾杯しながら料理を味わっていらっしゃった姿も目にしました。


お店出入口両側にはメニューのサンプルが展示されてましたが お店内のメニューは壁面に掲示されており ビール・お酒などのドリンクや料理は掲示されてるメニューを目にしながらオーダーする形となります。

席に着いた私。先ずは角ハイボール(500円)で乾杯しながらアテとして白菜キムチ(450円)を。
程良い氷量としっかり効いた炭酸による角ハイボールに 程良い辛さとシャキシャキ感ある白菜キムチは好相性で良い美味しさの味を感じさせてくれます。

角ハイボールとキムチをオーダーした後「美味しい1品は何にしよう?」と迷っていた私。550円のオムレツをオーダーすることに。
*価格は税込です。

オーダーして数分後 オムレツが私の目の前に。少量のキャベツもと盛り付けられており まるでお袋が美味しく作ったものを漂わせてくれる感じです。


そして そのオムレツをいただきましたが ほんのり塩味が効きながらトロけさを感じる食感で 中身に細かくカットされたチャーシュー・ハムも入っており 席上に備えられてるソース・醤油などを掛けずにそのままで味わえる絶品さ感じる良い美味しさの味に仕上がっており 私がオーダーした角ハイボールを含めたビール・お酒などのドリンクに加え 温かい白いご飯がより進ませてくれます。

オムレツをいただいてる最中に角ハイボールが無くなってしまったので ドリンクのおかわりは麦焼酎の水割り(450円)を。焼酎の銘柄は分かりかねますが スッキリした良い美味しさの味でいただくことができました。

ドリンクも料理も美味しく味わった後はチェックして代金を支払うのですが こちらのお店で使われてる支払い伝票はお店オリジナルのもので赤鉛筆で記入する方式で その伝票をカウンターで渡すとそろばんで計算をします。コレも昭和の雰囲気を漂わせます。

あとそれから お店内には 芸能人の方のサイン色紙がご覧のように掲示されてますが 実は 現在の店主さん 芸能人の方のお友達もいらっしゃっるとのことです。

お店から離れた後は四条烏丸まで歩き進み そこから市バス以外の路線バスで京都駅までやってきて ライトアップされた京都タワーの模様を眺めながら名古屋へと帰った私でした。

ということで 今回 訪れた 大衆食堂のお店「京極スタンド」は 21時過ぎ(LO. 20:45)が閉店時間となり割りかし早めとなりますが その分 お昼12時から営業しております。お酒好きであれば 京都やその周辺にお住まいの方はもちろんのこと 名古屋に住む私を含めた遠方の皆さんも 是非 乾杯しながら料理を味わってみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2020年1月23日)




訪れたお店の詳細

[店名]京極スタンド

[住所]京都市中京区新京極通四条上ル中之町546

[電話番号]075-221-4156

[営業時間]12:00~21:15(LO. 20:45)

[定休日]火曜日(変更になる場合もあり)

➡️ お店の食べログサイト


(広告PR)


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000