【泉】ダイニングバーを間借りしたスパイスカレー店「ANDY CARRY」でランチライム!

東区泉にあるバー「アラン」を間借りしたスパイスカレー店「ANDY CARRY」へ訪れて カレーを味わった模様をお届けしていきます。


(広告PR)


綺麗な青空をしたお昼のランチタイム時間帯に美味しいランチ探しのために 栄エリアに隣接されたとも言える東区泉1丁目へとやってきた私です。私の居る場所は 久屋大通と交わった交差点から外堀通りの1本南側に位置した1車線の通りを東へ歩き進み1つ目の信号交差点を越えた場所になりますが 周辺はお店が所々にありながらマンションなどの住宅が立ち並んでおり「泉に住んでみたい!」と憧れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


それはさて置き 立ってた場所から少し歩き進んだ場所には 夜の20時から翌朝4時まで営業しているダイニングバーのお店「ALLAN(アラン)」の姿えお目にします。


そして お店出入口左側には アルファベットで「ANDY CARRY(アンディカリー)」と書かれた立て看板と4種類のカレーメニューが書かれた縦黒板が立っております。実は お昼の時間帯の「ALLAN」は全くの営業時間外とあって その営業時間帯を利用してお昼の11時30分か14時までの間 お店を間借りする形で「ANDY CARRY」としてスパイスカレー店を営業しているのです。ということで 私はこちらのお店へ訪れてのランチタイムとしてスパイスカレーを味わうことにしました。


お店内はダイニングバーとあってモダンスタイリッシュの空間でカウンター席・テーブル席が用意されてますが この日はほぼ満席状態の形で賑わってました。しかし お店内へ足を踏み入れた私は 若い男女2人組の後ながらも カウンター席に1席空き 先に案内してくれたのです。ちなみに少し余談になりますが その若い男女2人組は北海道から名古屋観光しに来られたとのことです。


カウンター席に着いた私。早速 メニューを目に通して 少し迷いながらもオーダーすることに。

*メニューに記載されてる価格は税込です。


そして 私がオーダーして目の前に現れたメニューはこちら。チキンカレー・ラムとトリッパのビンダルーによる2種類のあいがけカレーを。こちらが税込1200円で味わえるメニューです。

真ん中に盛り付けられたターメリックライスはお店名の頭文字となるAを描いた形で 向かって左側が骨付きフライドチキンものせたチキンカレーが 右側がラムとトリッパのビンダルーがそれぞれ盛り付けられ 一石二鳥さを感じてしまいます。


さらにカレーには レタス・紅生姜・パパド(塩せんべい)も盛り付けられてます。


早速 ターメリックライスと併せてビンダルーから味わってみましたが 優しい味をしたターメリックライスとスパイシー感たっぷりのビンダルーが相性抜群さを感じさせた良い旨辛さの味に。


チキンカレーもビンダルー同様にスパイシー感たっぷりの良い旨辛さの味で 骨付きフライドチキンも程良いスパイシーさとジューシー感ある美味しさの味に。


ラムやトリッパはビンダルーにしっかり煮込まれながらのジューシー感ある美味しさの味に。


紅生姜はご覧のようにレタスの下に隠れる形で。


パパドはそのままでいただくと程良い塩加減をした美味しさの味。カレーに漬けていただくと良い絡みをした美味しさの味。


最後はご覧のように完食を。完食後 代金を支払ったのですが「ALLAN」では PayPay決済・クレジット決済などの支払いが可能ではあるのですが「ANDY CARRY」は現金払いのみとなっており 私も現金で支払う形で。


代金を支払いお店から出てくるとご覧のように行列ができており 初めて訪れてカレーを味わたった私でしたが 人気度の高さを感じさせた間借りスパイスカレーのお店ですね。皆さんも是非 東区泉1丁目にある「ANDY CARRY」へ訪れて スパイシー感たっぷりのカレーを味わってみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2020年2月25日)




訪れたお店の詳細

[店名]ANDY CARRY

[住所]名古屋市東区泉1-Ⅺ-8 林敬泉ビル1階

[営業時間]11:30~14:00

[定休日]火曜日

➡️ お店の食べログサイト

➡️ お店のインスタグラム


(広告PR)


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000