【桑名】ワンコインであればコスパ最高!「よしむら屋」でちょっとしたお昼ごはんを!

三重県桑名市は近鉄益生駅近くにある食堂「よしむら屋」へ訪れてランチメニューとなるちょっとした昼ごはんを味わった模様をお届けしていきます。


(広告PR)


お昼の時間帯に名古屋駅から近鉄電車を利用して三重県桑名市は近鉄益生駅へとやってきました。その益生駅は名古屋駅からであれば桑名駅の次の駅となる駅で準急・普通のみの列車が停車し 1日の乗降人員は2500人前後といった小規模な駅です。
それで この益生駅にやってきたかと言うと 実は踏切を渡り少し歩き進んだ裏路地にある食堂でワンコイン=500円で味わえるランチメニューが用意されてる情報を知り そのランチメニューを求めに食堂へ向かったのです。

益生駅からランチメニューを求めに向かった食堂はこちら。
「よしむら屋」という食堂です。

うどん・そば・丼をメインとした食堂「よしむら屋」は小規模でありながら 昔ながらの木製のテーブル・椅子を使っておりながらのノスタルジックさ漂わす空間で お店スタッフの方々も好相性さたっぷりでアットホーム感も漂う食堂です。

そして お店へ足を踏み入れて求めてたワンコイン=500円で味わえるランチメニューはこちら。
日曜日・祝日を除いた11時から14時まで用意されたちょっとしたお昼ごはんというランチメニューです。
この日はハムカツの付いたBメニューと炙り焼豚の付いたCメニューによる2種類のみが用意されてましたが 私は率直に炙り焼豚の付いたCメニューをオーダーすることに。

オーダーして数分後。私の目の前にちょっとしたお昼ごはんで炙り焼豚の付いたCメニューが私の目の前に。
中華そば・ご飯・漬物(桜漬け)にポテトサラダ・キャベツと併せた炙り焼豚のプレートが付いて税込500円で味わえるのです。眺めただけでコスパが高いと感じませんか。

中華そばはスープ・麺の上に盛り付けたシンプルさで 実際に味わってみて 古き良きさのあるうどん・そばがメインの食堂とあって 和風らしさ感じさせた醤油味スープに歯応えある麺が上手く絡んだ美味しさの味を表してます。

炙り焼豚・ポテトサラダ・サラダを盛り付けたプレートはご覧の通り。盛り付けられた炙り焼豚は肉厚感たっぷりです。

炙り焼豚 肉厚感がたっぷりであればジューシー感もたっぷりな美味しさの味の仕上がりに。

もちろん ポテトサラダはホクホク感たっぷりで キャベツは新鮮さあるシャキシャキ感たっぷり。

最後はご覧のように完食をして良いお腹満たしに。

価格はワンコイン=税込500円なので 私の財布の中に入ってた500円玉をお店スタッフの方に渡す形で支払いお店から離れることに。

今回 三重県桑名市は近鉄益生駅近くにある食堂「よしむら屋」へ訪れて ワンコイン=税込500円で味わえるちょっとしたお昼ごはんを味わいましたが また新しく 良いお値打ちなランチメニューに出会えることができてすごく嬉しい実感です。日曜日・祝日は用意されてないのですが 解禁という形で 日曜日・祝日も用意して下さるのであれば更に嬉しい実感になりますね。
ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事作成日/2020年3月15日)




訪れたお店の詳細

[店名]よしむら屋

[住所]三重県桑名市三ツ矢橋61

[電話番号]0594-23-1094 

[営業時間]11:00~19:00

[定休日]木曜日

                 ちょっとしたお昼ごはんは平日・土曜日のお昼のみ

➡️ お店の食べログサイト


(広告PR)


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000