【岐阜/天てん】名物!炭火鶏もも黒焼きのお店でお得セット「天てんセット」を

JR岐阜駅前から岐阜市市街地を通って長良川方向につながる3大通りの2つ「金華橋通り」と「長良橋通り」の間の路地には酒場を中心とした多くの飲食店が立ち並んでいます。

その路地と名鉄岐阜駅前交差点から繋がる西行き一方通行の通りと交わる南東角に 鹿児島『さつま知覧(ちらんどり)鶏』の上質なもも肉を極強火で炙り焼きをした『炭火鶏もも黒焼き』が名物の大衆とり酒場のお店『天てん』があります。

それで 税込1000円で ドリンク1杯(瓶ビール・こだわりの冷酒以外)・枝豆・小鉢・メイン(炭火鶏もも黒焼き・自家製鶏ハム・唐揚げ・手羽先唐揚げの中からいずれか1品)が付いた お得なセット『天てんセット』の立て看板がお店の前に置かれていて それを見た私はつい惹かれてしまい  お店に入って その『天てんセット』をオーダーして頂いてきました。


こちらが 私がオーダーした『天てん』の『天てんセット』で このようにドリンク・枝豆・小鉢・メインが付いてきます。

ちなみに ドリンクはサッポロ『エビス』の生ビールをセレクトし メインはもちろん!お店の名物『炭火鶏もも黒焼き』をセレクトしました。鶏ももの下に玉ねぎが敷いてあって 長ネギ 柚子おろしも付いています。

また この日の小鉢は白菜キムチがのった冷奴でした。


メインの『炭火鶏もも黒焼き』に使われている鹿児島産『さつま知覧鶏』は 450日という長さに渡って 手間際かけた飼育によるもので 普通の若鶏の0.8パーセントにあたるわずか500万羽しか年間に飼育ができないのですが 長期飼育ならではの「歯ごたえ」と 噛めば噛むほど旨みが広がり 塩胡椒を掛けて 極強火で炙り焼きした『さつま知覧鶏』は そのままで食べても 柚子おろしと一緒に食べても どちらも美味しくお酒がより進みそうな気分にもなります。


それから お店のメニューも。

『さつま知覧鶏』を使った鶏料理をメインに つまみ・ご飯類・ドリンク類に加え その日(本日)のおすすめメニューが用意されていて 私が『天てんセット』で頂いた『炭火鶏もも黒焼き』以外にも 色々と気になるものがたくさんあります。また 平日はお昼の11:00〜14:00まで営業していて お昼用のメニューとして 3種類のランチメニュー・サイドメニュー・ドリンクメニューが用意されています。


ということで ご馳走様でした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA)


天てん

岐阜県岐阜市長住3-19

058-262-2510

[営業時間]

17:00〜24:00

平日は11:00〜14:00の間 ランチ営業も行なっています。

お店は無休ですが12月27日〜12月31日の間はお休みになります。

Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000