【名古屋駅太閤口】ロータリー西側にブース型の喫煙所を設置

名古屋市で名古屋駅エリア・栄エリア・金山エリア・藤が丘エリアでは 名古屋市の条例で 安全・安心・快適条例「路上禁煙地区」及び「喫煙者の義務」に指定されいて それらのエリアの路上で喫煙をした場合は2000円の過料を科されるというものがあります。

そんな中 名古屋駅は 海外や県外など遠方からの来訪者の玄関口でもあり 路上禁煙地区になっている名古屋駅エリアに喫煙所を設置することにより 名古屋市の路上禁煙地区について広報することを目的として JR名古屋駅太閤(新幹線)口にブース型の喫煙所が設置し 今月11日から利用開始しています。


太閤(新幹線)口のタクシーロータリー西側歩道に設置されたブース型の喫煙所は ライトブラウン主体で黒も入ったモダンテイストなデザインとなっていて ブースにはアルファベット(英語)で「SMOKING AREA」のロゴが記されています。
私はタバコは吸わないのですが それにも関わらず 吸殻が設置されたブース内に入ると「名古屋城」の写真がたくさん掲示されていて「名古屋らしさ」をアピールをしているとともに「名古屋らしさを出したモダンテイストなブース型喫煙所」と言っても良いかと私的に思ってしまいます。

それから ブース入口横に白文字で記された黒看板は英語・日本語・中国語・韓国語による4カ国語で記されているので 外国人観光客・ビジネス客の方にもわかりやすくなっています。


ということで 名古屋駅エリアでの路上喫煙は絶対にやらないようにして 今回 紹介した喫煙所や決められた喫煙コーナーで喫煙するようにお願いするとともに タバコの吸い過ぎにも気をつけて下さい。
ちなみに私はタバコは全く吸いななければ吸うつもりもありません。吸われる皆さん 悪しからず…。


(撮影・調べ・文/PONTA  2017年9月26日)



名古屋市ホームページ 喫煙所の設置について

名古屋市ホームページ 安全・安心・快適条例「路上禁煙地区」及び「喫煙者の義務」

Pon-Po(ポンポ)

名古屋在住の街とりっぷ(旅)人PONTAが 訪れ録や歩き録 食べ飲み 街角 交通など 事前にチェック・アポをしてから目的地へ向かってお届けしたり 街の旅の最中で発見したものをお届けしていくなど 名古屋を拠点にした街とりっぷ発見WEBマガジンです。ちなみに『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが歩く(PON歩)」「PONTAが記事を投稿(Post)する」です。

0コメント

  • 1000 / 1000