【名古屋駅】『名鉄イン名古屋駅新幹線口』は名鉄イン最大規模の上質空間を誇るホテルです!

新幹線側になる名古屋駅太閤口界隈を歩いていると 全国各地からビジネスやレジャーなどで来られた方のニーズを効かせるようにか 昔からあるホテルやここ最近にオープンしたホテルが立っていますが その中で 名古屋駅新幹線改札口から徒歩4分で太閤口北寄りの交差点から西へ歩いたところに名古屋鉄道のグループ会社である名鉄インが運営するホテル 『名鉄イン名古屋駅新幹線口』があります。


2016年(平成28年)11月1日にオープンしたこのホテルは客室数が313室と名鉄インでは最大となり 尚且つホテル内は上質な空間を利用客の方々に提供し 黒と白にまとめて客室のガラス窓が交互になっている建物の外観にもスタイリッシュさがあります。


建物の東側にあるホテルの出入口に入っていくとこちらも上質な空間を提供したフロントロビーへと繋がりこちらでチェックイン・チェックアウトの手続きを行います。ちなみにチェックインは15時からで チェックアウトは10時までとなっています。


客室の方も見学させてもらいましたが ここからは頂いたパンフレットでの案内ということで 313室ある客室はモデレート(233室)・スーペリア(60室)・モデレートツイン(11室)・スーペリアダブル(8室)・ユニバーサルツイン(1室)の5種類あり 実際に客室を見ても パンプレットで見るだけでも客室に上質さがすごく漂い 名古屋の街や新幹線の発着 名古屋城を一望できる客室もあります。

 

客室内の設備の方ですが お風呂とトイレが全室分離されているので利用客にとって良い響きであり 自宅のお風呂のような感覚で浸かることができるのではないでしょうか。さらに 館内情報・観光スポット・飲食店情報などが見られるタブレット端末「ee-TaB」や壁掛けズボンプレッサーも全室に完備されています。それから 使われているベッドは英国(イギリス)王室御用達でもある「スランバーランド社」のものが使われていて 心を癒す安らぎ豊かな居心地と眠りを味わうことができるとのことです。


朝食は『名鉄イン名古屋駅新幹線口』では 1階にテナントとして入っているトンカツ店チェーン「松のや」で朝定食を頂く形になります。ちなみ朝定食は6種類あり 全て500円(税込)となっています。また ホテルロビーからも直接お店に入ることができます。


松のやの隣にはローソンもあるので こちらで食べたいものやホテル内の自販機には無い飲み物を買って客室内で食べ飲みするのも良いかと思います。


東京・大阪をはじめ各地から快適にアクセスができ 名古屋市内をはじめ東海エリアへのいろいろなスポットなどへ出掛けるのにも便利な好立地な『名鉄イン名古屋駅新幹線口』。名古屋駅太閤口で宿泊される際のご参考の1つになさってはいかがでしょうか。


(撮影・調べ・文/PONTA 2017年12月16日)





ホテルの詳細

[ホテル名]名鉄イン名古屋駅新幹線口

[住所]名古屋市中村区則武1-6-3(Googleマップ

[電話番号]052-453-3434

[チェックイン/アウト]15:00/10:00

名鉄イン名古屋駅新幹線口 ホームページサイト


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000