【三軒茶屋】駅南口の「日高屋三軒茶屋南口店」で昼酌を兼ねてのランチタイム

首都圏に600店舗を目指して展開をした 中華食堂チェーン『日高屋』は 全てのお店が 駅前でしかも1階にあるこだわりと いつでもどこでも気軽に立ち寄れて お酒メニューもありながらリーズナブルな価格で楽しめる中華食堂のお店です。

三軒茶屋のシンボル「キャロットタワー」の展望ロビーから街並みを眺望し 街中を散歩していた私は 東急田園都市線・三軒茶屋駅南口前にある『日高屋三軒茶屋南口店』を見つけ お店に訪れて 昼酌しながらランチタイムをしました。


お店の出入口玄関の右側にはお店のメニューとなっている商品のサンプルが展示されています。


お店はテーブル席・カウンター席とありますが 私1人なのでカウンター席に着席をし 席上に備え付けられているメニューを。

ラーメン・餃子・ご飯類・定食・単品料理・お酒を含めたドリンクと豊富に取り揃えているメニューがリーズナブルな価格で楽しむことができます。また 定食の料理を単品としてオーダーすることができます。


先ずは ハイボール(280円 税込)をオーダーして乾杯!ハイボールやチューハイは生ビールと同じくキリン「一番搾り」のラベルがついたジョッキに注いで提供されます。


ハイボールの乾杯の後にオーダーした料理は 焼き鳥ネギ和え・キムチ・メンマによる三品盛り合わせです。お値段はこれだけありながら税込300円なんです。すごくお値打ち感がありますよね。


ハイボールと三品盛り合わせを一緒にしてみました。


そして「日高屋」の看板メニューの1つに数えられる6個220円(税込)の餃子をオーダー。私が住む名古屋にもある関西発の某中華料理チェーンの餃子に負けないリーズナブルな価格で 香ばしい焼き方で中の餡はふっくらした美味しさでお酒やご飯が進みます。また 3個(120円 税込)でオーダーすることもできます。


餃子はタレ皿にタレにラー油を垂らしたものに漬けて美味しく頂きました。


美味しい餃子を頂くと よりお酒が進むので プレーンタイプのチューハイ(260円 税込)を。


最後はご覧のように完食をして チェックして代金を支払ってお店を出ましたが オーダーして食べ飲みをした掛かった金額は税込でたったの1060円でした。


あとそれから ここからちょっと余談になりますが「日高屋」のホームページで「ちょい飲み」というところがありますが そこに「中華そば+餃子+生ビールでも1000円でお釣りが来る」と書いてありました。

詳しくはこちら 


お店を出てからは 玉川通りの歩道を渋谷方面へ歩いて三軒茶屋の街を後にしたのです。


「日高屋」は首都圏の駅前に展開している中華食堂チェーンですが 首都圏以外にお住まいの方で仕事や観光・レジャーなどで首都圏に来られた際 リーズナブルな価格で中華料理を楽しみたいのであれば「日高屋」もご参考にしてみてはいかがでしょうか。また 私の住む名古屋にもいつか進出して欲しいです。もちろん 駅前と1階というこだわりを持地ながら。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事更新日/2018年1月28日)





お店の詳細

[店名]日高屋三軒茶屋南口店

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋1-38-7 ワコーレ三軒茶屋1F(Googleマップ

[電話番号]03-3795-0132

[営業時間]11:00~翌1:00(LO. 0:30)

[定休日]無休

日高屋 三軒茶屋南口店 食べログサイト

日高屋 ホームページサイト


名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000