【三軒茶屋】キャロットタワー最上階の展望施設「スカイキャロット展望ロビー」

東京都内には 東京スカイツリー 東京タワー サンシャイン60 東京都庁 文京シビックセンターなどはじめ 高層フロアから街並みの風景を眺望できる展望施設がいろいろとありますが 世田谷区・三軒茶屋にも 商業施設・ホール施設を併設したオフィスメインのレンガ調に包まれた26階建てのタワービルで 三軒茶屋のシンボルである「キャロットタワー」の26階最上階に世田谷区が運営する『スカイキャロット展望ロビー』という無料で街並みの風景を眺望できる穴場的な展望施設があります。私も展望ロビーへ訪れて 都内をはじめとした街並みの風景を眺望してきました。


1996年にビルがオープンした共にオープンし 2017年11月にリニューアルしたこの展望施設は「キャロットタワービル」正面入口に入ると2階へ繋がるエスカレーターが見え そのエスカレーターで2階で上がった左手に高さ124メートルある26階最上階へ繋がるエレベーターがあり そのエレベーターで26階最上階へ登ります。

26階最上階まで上がり エレベーターを降りると左手は 展望ロビーに入る前ながらも街並みの風景を眺望することができます。


こちらが眺望した模様で 主に新宿・池袋・練馬区界隈・埼玉界隈などの街中を眺望することができます。

エレベーターを降りた右手には『スカイキャロット展望ロビー』の出入口通路になります。

出入口通路を潜り通ると展望ロビー内に入り ここから西側方向の街並みの風景を眺望することができます。また ホテルオークラ直営のカフェも併設されています。


西側方向からは 伊豆半島・箱根・富士山・八王子・奥多摩などといった方面に同じ世田谷区の二子玉川の街並みの風景を眺望することができます。


それから 西側方向から眺望するところには地元コミニュティFM放送局「エフエム世田谷」のスタジオが設けられいます。


西側から先に進むと 今度は南側から街並みの風景を眺望できる場所にに繋がります。


南側からは 横浜や川崎方面の街並みの風景を眺望することができます。


さらに進むと 今度は東側から街並みの風景を眺望できる場所へと繋がります。こちらは 昨年の11月4日のリニューアルオープンに伴って設けた形で 中側には仕切られていますがホテルオークラ直営のレストランがあります。


ここからは 新宿・渋谷・品川方面に加えて 六本木ヒルズや遠くは東京スカイツリー・東京タワーなどの街並みの風景を眺望することができます。


『スカイキャロット展望ロビー』には「ホテルオークラ」が運営するカフェやレストランが併設され さらに世田谷区にちなんだ土産物も販売しています。


ということで 世田谷区で下町風情もある三軒茶屋の「キャロットタワー」26階最上階の『スカイキャロット展望ロビー』でも 東京都内をはじめとした首都圏の街並みの風景を眺望を堪能されてみてはいかがでしょうか。また 23時まで営業しているので 仕事帰りやデートの〆に『スカイキャロット展望ロビー』からの夜景の眺望を楽しむのも良いですね。

画像はキャロットタワーの裏側のもので 右奥には東急世田谷線・三軒茶屋駅があります。


あとそれから 三軒茶屋とはいえば「かしわや」という今川焼きのお店が有名なのですが 残念ながら今回はお店に訪れなかったので 次回 三軒茶屋にやってきた時にお店に訪れたいと思います。ちなみにキャロットタワーから後をした私は三軒茶屋の街を歩き回って 中華料理チェーンの「日高屋」で 昼酌を兼ねてのランチタイムをしてました。


(撮影・調べ・文/PONTA   記事更新日/2018年1月26日)





施設の詳細

[施設名]スカイキャロット展望ロビー

[住所]東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー26階(Googleマップ

[電話番号]03-5430-1185
[営業時間]9:30〜23:00
                     (但し カフェは10:00〜22:00 レストランは11:00〜23:00)
[定休日]第2水曜日 年末年始

名古屋発!街とりっぷマガジン『PON-Po(ポンポ)』

名古屋在住のPONTAが 名古屋を中心に 時には 名古屋以外の東海エリア・東海エリア以外へ街とりっぷ(街の旅)をしながらそこで訪れたものなどをお届けしていくサイトです。 『PON-Po(ポンポ)』とは 街とりっぷをしながらそこで訪れたものなどをお届けしていく「PONTA」と訪れたものなどをお届けする形で記事を掲載していく「Post」を合わせて略称したものです。

0コメント

  • 1000 / 1000