久々に「とんぺら屋」で乾杯しながら看板メニューのとんぺら焼きを!

名古屋市内に展開する「とんぺら屋」で久々に訪れて 乾杯しながら看板メニューのとんぺら焼きを味わった模様をお届けしていきます。



夜の時間帯 金山へとやってきました。JR・名鉄・地下鉄が乗り入れる金山総合駅や市バスターミナルをそびえる名古屋第2のターミナルでもあります。

そして 私は すごく久々に居酒屋「とんぺら屋金山店」へとやってきました。

その「とんぺら屋」は 私がやってきた金山のお店を含めた名古屋駅に2店舗 栄の錦に1店舗 大曽根に1店舗 計5店舗展開しながら鴨肉や豚肉使った料理をはじめとした料理メニューやドリンクメニューを豊富に取り揃えながら提供した居酒屋ですが なんと言ってもお店1番の看板メニューでとんぺら焼きは必ず味わいたくなるものです。
ということで お店内に足を踏み入れて 久々にビール・お酒で乾杯しながらとんぺら焼きを味わってみたいと思います。

お店内に足を踏み入れて 席に着いた私は 早速 アサヒスーパードライの生ビールをオーダーして乾杯を。ちなみに 生ビールは何杯いただいてもなんと190円。コンビニで缶のスーパードライを購入していただくよりも安くいただくことができるのです。もちろん よく冷えた形で良い泡立ちでほろ苦さをした飲みやすさの味です。

お通しは小松菜のお浸し(300円)です。さっぱりなシャキシャキ感としており ビール・お酒のアテに相応しさを感じさせてくれます。

*価格は税別です。



それから とんぺら焼きをいただく前にトマトスライス(390円)を。こちらもさっぱりシャキシャキ感としておりマヨネーズも付いております。

*価格は税別です。


そして「とんぺら屋」へ訪れたら お店1番の看板メニューとなるとんぺら焼きをオーダーしていただきたくなるのです。こちらは白タイプで しかも1本90円でいただくことができるのです。 

*価格は税別です。


その白タイプは お店自家製の高麗人参タレと大豆が主原料で塩分が0%の自家製スパイスで味付けを行い 良い脂ノリでジューシー感たっぷりな豚バラの旨みと甘辛なスパイシーさを上手く絡ませた美味しさの味に仕上がった1品で ビール・お酒などのドリンクをより進ませてくれます。


続いては とんぺら焼きの赤タイプを。こちらは1本150円で味わうことができます。


それと同時に角ハイボールを。生ビール以外のドリンクメニューはメガサイズや一部の日本酒・焼酎を除いて 全て290円となっております。オーダーしていただく290円の角ハイボールも程良い氷量と良い炭酸効きをした飲みやすさの味で 

*価格は税別です。

 

とんぺらの赤タイプですが こちらは 辛味・旨み・酸味を効かせた自家製の赤油と韓国唐辛子で味付けて さらにガーリックチップを掛かっており 豚バラの旨みに旨辛さとパンチを上手く絡ませた美味しさの味に仕上がった1品なのです。白タイプと併せて病みつきになりそうです。


ということで 皆さんも 私が訪れた金山店を含めた名古屋市内に5店舗展開する「とんぺら屋」へ訪れてビール・お酒で乾杯しながらお店1番の看板メニューであるとんぺら焼きを味わってみてはいかがでしょうか。
それから 金山・名古屋駅(2店舗)・栄のお店では 周りにホテルが立ち並んでることから ホテルに宿泊された方にも 大曽根のお店では 程近い場所にナゴヤドームがあることから 野球観戦・ライブ観戦された方にも それぞれおすすめしたいですね。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事アップ日/2020年6月22日)





訪れたお店の詳細

[店名]とんぺら屋金山店

[住所]名古屋市中区金山2-15-14

[電話番号]052-253-7740

[営業時間]平日・土曜日/17:00~翌5:00(LO. 4:30)

      日曜日・祝日/17:00~翌1:00(LO. 0:30)

[定休日]無休

➡️ お店の食べログサイト

➡️ お店のWEBサイト

名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000