【名古屋駅】名古屋三昧が楽しめる親子丼!「酉しみず」で名古屋コーチン親子丼を!

名古屋駅前に立つ大名古屋ビルヂング内は 大名古屋DININGの一角にある名古屋コーチン親子丼のお店「酉しみず」へ訪れて 看板メニューとなる名古屋コーチン親子丼を味わった模様をお届けしていきます。



お昼の時間帯 名古屋駅前にあるそびえ立つ大名古屋ビルヂングの地下1階フロアへとやってきました。

私がやってきてる地下1階フロアから地上5階までは 商業施設となっており 4階フロア内を除いた角フロア内には 地元人気店・全国各地の実力店が集まった形で様々な飲食店がありますが その様々な飲食店に対して 美味しくて楽しい新しい食空間をコンセプトにした大名古屋DININGとして呼ばれており 2016年3月のオープン以来 多くの方々でよく賑わっております。


そして この日のお昼は大名古屋DININGの一角となるお店でランチタイムを楽しもうと思いながら 名古屋コーチンを使った親子丼も味わえるお店「酉しみず」を目にします。

東京は中目黒にある〆の親子丼が大評判となってる地鶏水炊き料理のお店「水炊きしみず」が 2016年3月の大名古屋ビルヂングのグランドオープンに合わせて 名古屋に進出した形となるお店ですが こちらは名古屋ブランドの1つともなる名古屋コーチンを使った親子丼も味わうことができる親子丼専門店となっております。

この日のお昼のランチタイムは こちらのお店で 名古屋コーチン親子丼を味わうことにしました。


お店内へ足を踏み入れながら席に着いた私は 早速とメニュー表に目を通しながら 全く迷わずに1300円で味わうことのできる名古屋コーチン親子丼をオーダーを。ちなみに こちらのお店では ご飯を無料で大盛りにすることができるので 食欲旺盛の方にはお値打ちさを感じるところです。

*価格は税別です。


オーダーしてから数分後 お待ちかねの名古屋コーチン親子丼が 丼に蓋を被せながら スープ・サラダも付けて私の目の前に現れましたが 見た目に和風テイストなシックさを感じます。


そして 蓋を開けるとご覧の通り。

名古屋コーチンのだしで炊いたご飯の上に 特製だしで煮込んだ名古屋コーチン正肉による鶏佃煮 同じく名古屋コーチンの玉子 玉ねぎがふんだんに盛り付けられており さらに 刻みネギに加え 特製八丁味噌も掛かっており まさに名古屋三昧を楽しませてくれそうな1品と言って良いのではないかと思います。


そして 実際にいただいてみると 程良い脂ノリをした鶏肉 トロリ感たっぷりな玉子 良い炊き具合をしたご飯 シャキシャキ感ある玉ねぎ ピリ辛と甘みのある特製八丁味噌 これが良いハーモニー感を表しなからコクのある旨みを出した良い美味しさの味に仕上がっております。


それから スープも名古屋コーチンと野菜からだしを引き出したもので 良いだしと程良い塩加減を効かせたコクのある美味しさの味に仕上がっております。また サラダは 昆布をのせた生白菜サラダで 胡麻ドレッシングを効かせながらシャキシャキ感ある美味しさの味です。


最後はご覧のように完食して良いお腹満たしになったとともに 良いランチタイム 良い名古屋三昧を楽しむことができた実感になった私でした。

この記事をご覧になられた皆さん 名古屋駅界隈で「親子丼が味わいたい!」「名古屋めしが味わいたい!」となれば「酉しみず」で美味しく味わうことのできる名古屋コーチン親子丼で名古屋三昧を楽しまれてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!美味しかったです!


(撮影・調べ・文/PONTA 記事アップ日/2020年7月5日)





訪れたお店の詳細

[店名]酉しみず

[住所]名古屋市中村区名駅3-28-12 大名古屋ビルヂング地下1階

[電話番号]052-446-7085

[営業時間]11:00~23:00(LO.22:00)

      現在は新型コロナウイルスの影響の関係で21:00までの営業

[定休日]不定休(館内に準ずる)

➡️ 酉しみずWEBサイト

➡️ お店の食べログサイト

名古屋を中心とした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』

PONTAが街中の旅(街とりっぷ)で訪れたものなどをお届けしていく名古屋を中心にした街とりっぷマガジン『Pon-Po(ポンポ)』です。 『Pon-Po(ポンポ)』の意味は「PONTAが街中へ訪れた記事を投稿(PostのPo)する」です。 名古屋を中心とした街とりっぷと称してることから 名古屋を中心に 名古屋以外の東海地方 東海地方以外へ街中の旅をして訪れたものをお届けしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000